Ohana (お花 - One's Favorite)

  •  
  • 340
  • 4
  • 2
  • English 
Jul 13, 2018 21:49 Egnlish essay
Previously, I introduced you to the phrase "ohana tsumi ni iku" (お花摘みに行く - I will go picking flowers) as a code word to mean that you have to go to the bathroom.

Besides, I found that the 'ohana' (お花 - flower) itself is sometimes used as a code word among girls to mean one's favorite.

The kanji, 'hana' (花), can be divided into three parts: '艹' 'イ,' and 'ヒ.'

Here, by tilting '艹,' it becomes like 'キ.'

Furthermore, by rearranging these three characters, it becomes 'ヒイキ,' which means one's favorite.

This is the reason that 'ohana' (お花 - flower) means 'hiiki' (ヒイキ - one's favorite).

【Example sentence】
"Ano ko wa, sensei no ohana yo" (あの子は先生のお花よ - She is the teacher's favorite.)
お花

以前私は、女性がトイレに行くことの隠語として「お花摘みに行く」という言葉を紹介しました。

そして今日私は、「お花」自体が女子学生の間で「贔屓」の隠語として使われることがあるということを知りました。

「花」という漢字は、「サ」「イ」「ヒ」の3つに分けることができます。

「サ」を傾けると「キ」になります。

そして3つの文字を並び替えると「ヒイキ」になります。

これが、「お花」が「贔屓」を意味する理由だそうです。

【使用例】
「あの子は、先生のお花よ」