Utsusemi (Cicada Shell)

  •  
  • 653
  • 5
  • 3
  • English 
Aug 26, 2016 14:07 English essay
Today, I will talk about the Japanese "空蝉 (utsusemi)."

"空" menas "empty," and "蝉" menas "cicada," and "空蝉" expresses "cicada shell."

Actually, this word originally comes from "現人 (utsushiomi)."

"現人" means "people who live in the world" or "this ephemeral world."

These meanings of "現人" are also included in "空蝉."

I think that it's interesting to describe "living" or "the world" as "空蝉."

By the way, since "semi" (cicada) is the summer insect, "空蝉" is a summer season word.
今日は、「空蝉(うつせみ)」という日本語を紹介します。

「空蝉」は、空の蝉、すなわち「蝉の抜け殻」を意味します。

実はこの言葉は、もともと「現人(うつしおみ)」から来ました。

「現人」は、「この世に生きている人間」という意味で、それが転じて「儚いこの世の中」などの意味も持ちます。

そして、「現人」の持つ意味は、「空蝉」の中にも含まれます。

「生きている人間」「この世界」を「空蝉」と表現することは、素敵だと思います。

ちなみに、蝉は夏の昆虫であるため、「空蝉」は夏の季語でもあります。