Colors That Represent Obscene Things

  •  
  • 754
  • 4
  • 2
  • English 
Feb 12, 2016 22:17 English essay
(I'm sorry, today's topic is a little bit ribald.)

Today, I learned that colors that represent obscene things differ among countries.

Here in Japan, obscene movies for adults are called "pink movies."

It is said that the reason is because pink represents human's skin.

On the other hand, it seems to be called "blue films" in English.

As one of the reasons, there is a fact that obscene films had been colored using blue.

Also, the color seems to be yellow in China, green in Spain, and red in Italy.
卑猥を表す色

今日は「卑猥」を表す色が国によって違うことを知りました。

日本ではよく、卑猥な大人の映画をピンク映画と言います。

これは、ピンクが肌を表しているからだと言われています。

一方、英語ではブルーフィルムと呼ぶそうです。

この理由の一つとして、猥褻なフィルムを青く着色していたから、という説があります。

また、中国では黄色、スペインでは緑、イタリアでは赤が、それぞれ卑猥を表現する色だそうです。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app