Lovejoy Comet

  •  
  • 426
  • 5
  • 3
  • English 
Jan 21, 2016 19:49 English essay
Today, I will introduce "Lovejoy comet (C/2014 Q2)," which is discovered by Terry Lovejoy from Australia in 2014.

The feature of this comet is to emit green lights, and made its closest approach to Earth in January 2015.

It's said that this opportunity is visited once every 8,000 years.

Also, according to NASA, the Lovejoy comet seems to continue blowing a gas containing 21 types of organic molecules.

The gas also contains alcohol (ethyl alcohol), the amount per second corresponds to 500 bottles of wine.

The name "Lovejoy comet" might be appropriate as this comet's name;
ラブジョイ彗星

今日はオーストラリアのテリー・ラブジョイが2014年に発見したラブジョイ彗星(C/2014 Q2)を紹介します。

この彗星は緑色の光を発するのが特徴で、2015年1月に地球に大接近しました。

8000年に1度の機会だったそうです。

また、NASAによるとラブジョイ彗星は21種類の有機分子を含むガスを吹き出し続けているそうです。

その成分にはアルコール(エチルアルコール)も含まれており、その量は1秒間でワイン500本分だそうです。

ラブジョイという名前にふさわしい彗星かもしれません。