店へ行きましょう。

  •  
  • 305
  • 1
  • 6
  • Japanese 
Mar 13, 2016 03:07
店へ行きましょう。
毎日、使う物がある,例えば、食べたり、服を着たり、本を読んだりします。でも、その物を使う前に、家に持ってこなければなりません。時々、店で買い物します。以下、二人の話があります。
看板に「トキドキ本屋」と書かれます。
店員:店にようこそ。何もを探していますか?
お客さん:別に、小説を読みたい、けれども特別の本について考えていません。お勧めの本がありますか?
店員:興味によってです。好きなの作家がいますか?何種類の小説が好きですか?未来の科学、魔法、探偵の迷うこと、冒険、何について読みたがっていますか?
お客さん:魔法と竜についてよく読みます。
店員:今日は新しい作家の小説の発売です。エイグノールミの最近の小説は売っています。人は動物になるの力が持っているの人についてです。男性はサルになります。後ろの左側にあります。
お客さん:ありがとうございます。店で探しているに行きます。
店員:いいです。
しばらくしたら。。。
お客さん:こちら本にします。
店員:いい。1,240円に足します。どう支配していますか?
お客さん:財布に持っているお金で支配します。これは1,500円です。
店員:1,500円から1,240円を引くと、260円です。これは260円です。ありがとうございます。
Let’s go to the store.
Every day, we use things, for example, we eat, we wear clothing, and we read books. But, before we can use these things, we must bring them home. From time to time, we go shopping in a store. Below, is a conversation between two people.
On a sign is written: “Thrilling Book Store”
Clerk: Welcome to our store. Are you looking for something?
Customer: Not really. I want to read a novel, but I am not thinking of any book in particular. Is there a book which you recommend?
Clerk: That depends on your tastes. Is there an author that you like? What type of novel do you like? Science fiction, fantasy, mysteries, adventure, what do you want to read about?
Customer: I want to read something with wizards and dragons.
Clerk: Today, a book by a new author is for sale. Ignore Me’s latest novel is being sold. It is about people who have the power to turn into animals. A man turns into a monkey. It’s in back on the left side.
Customer: Thanks. I’ll go look around the store.
Clerk: OK
After a while….
Customer: I am buying these books.
Clerk: Good. That will be 1,240 yen. How will you be paying for them?
Customer: With the money in my wallet. Here is 1,500 yen.
Clerk: OK, 1,500 yen take away 1,240 is 260 yen. Here’s 260 yen. Thanks.