土曜日、10月14日

  •  
  • 178
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Oct 18, 2017 08:57
土曜日、10月14日
10月13日はマーリがポルトガルのファチマ市の近いに現せたの100年の記念日でしたが、私の教区は土曜日にパレードをしました。ミサ後、歩いているながら歌いました。四人の男性はマーリの像を持っていました。教会に戻ったと、祝祷をしました。私は内の合唱団と歌いました。マーリは戦争の時間に子供の前に現せたと言います。10月13日にマーリは子供と話している間に、70千人前に太陽は光の柱を作ったと言います。二人の子供はインフレインザで亡くなりましたが、女の子はシスターになりました。沢山の人それを信じられませんが、沢山のカトリックはファチマのマーリを信じます。
Saturday, October 14
October 13 was the 100th anniversary of Mary appearing near the city of Fatima in Portugal, but my parish did a procession on Saturday. After mass, we sang while walking. Four men carried a statue of Mary. After returning to church, there was a benediction. I sang with the choir to which I belong. It is said that Mary appeared to children during a time of war. On October 13, they say that while Mary was talking to the children, 70 thousand people saw the sun make a pillar of light. Two of the children died of influenza, but a girl became a nun. Many people don't believe this, but many Catholics accept the Virgin of Fatima.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app