ダヴィスリランドの歴史

  •  
  • 241
  • 4
  • 3
  • Japanese 
Aug 21, 2014 11:13
ダヴィスリランドの歴史
アメリカのアイダホ州ポカテッロ市に出身です。1970年に生まれた。年間頃に、アメリカは他な国であった。最近の時、アポッロの計画為に,月へアメリカ人は旅行した。たくさん仕事はありました、と携帯は珍しかった。父さんは大学院を勉強している。家族へ訪問した。おじいさんはアイダホ州の大学校に教授でいました。
後の方、歴史を勉強して為に、日本基金からお父さんは奨学金をもらった。二年まで、日本に住んでいました。時間から全然事を覚えない。
日本後の方、マッサチュッセツ州に住んでいました。前にマリランド州へ移転した,マッセチュセツ州に高い雪を覚えた。雪と私より高かったでありました。
マリランド州に第一小さな村隣の森にいつも遊んだ。しばらく、森を切ってと家を作った。
父さんは米政府に働きました.父さんの雇用者は家族をトルコ国へ送った。二年までトルコに住んでいました。高校の年間でありました。楽しい時だった。週末にギリシアとヒタイトの遺跡を調べた.晩間に市場と食堂を訪問した。
アメリカへ帰った間,大学校に入って為に、BYUへ甲し込んだ。BYU大学校へプロヴォ市ユタ州にあります。BYUへ化学と生物学を勉強した。間に頃,(二年間)、宣教して為に、勉強休み取った。二年までチレ国へ行った。チレの湿っているな景色と果物の工業とドイツの文化一緒にスペイン語は覚える。生活水準は想像より高いでありました。でも、たくさん貧乏の家はありました。無輸出の悪い果物を酒為に使われた。事は酒中毒の原因でありました。
アメリカの帰り時、BYUの勉強して戻った。少し、女を訪問した。しばらく、彼女は関係を終わった。後の方、シャンアを会った.多い訪問した。少し月後で、結婚した。
BYUの勉強を終われさせた。卒業後で、大学院の勉強為に、ヴィゲニアの大学校へ行った。年間にペテル息子を生まれた。私を辞任させた。
それで、メリランド州へ行った。研究所の科学者の仕事を始まった。研究所の名前はCPDR、(前立線の研究中心)、でありました。私はUSUHS(ウスス)大学校の大学院へ入学許可された。分子生物学を勉強した。前立線癌について研究した。前立線の内にp63の遺伝子研究した。この遺伝子は癌の内を見なかった。レッシカとサンドラ娘を生まれた。
博士号に卒業した。大学院を卒業して間に、ブルンウェク市に住んでいました。シャナは無職に成った。ヌヨルコへ仕事を見っけた。仕事を始まって間に、シャナはアイダホへ行った。
不運な事であった、ヌヨルコの仕事は早い終われた。基金を去った。新しい命を作って出来なかった。アイダホ州に家族を会った。仕事為に長い捜索を始まった。スメル娘を生まれた.陸軍に頑張って入隊した。規則に従って為に、50キロ以上体重が減った。でも、医学の歴史を嫌った。
先生の代わりを試した。でも、他な仕事を選んだ。六年を過ぎた、それでも無職をつずいた。
大学へ戻って決めた.保健物理学の修士号を卒業した。物理学を大好かった、でも事便利な欲しかった.当今に放射の単位を私は普通人間より多く知る。
大学院卒業して一年過ぎて後で、仕事を探している。