アリトバッタ

  •  
  • 372
  • 0
  • 11
  • Japanese 
Jan 14, 2016 22:48
アリトバッタ
昔々、ある所に、アリとバッタがいました。夏でアリは毎日働いていました。冬の為、アリは食べ物を収めました。しかし、バッタは働かなかったが、バイオリンをばかり引きました。バッタは『今日は十分の食べ物がある。遊ぼう、遊ぼう!』と言いました。しかし、アリは『冬は来ていて。冬の為、食べ物を収めているので、毎日働きます。』と言いました。いくつの月後で、冬になりました。アリトバッタ歯食べ物を見つけられませんでした。しかし、アリの家に沢山食べ物がありました。しばらくしたら、バッタは食べたがった、けど彼には食べ物がありませんでした。バッタはアリの家へ行きました。バッタは『アリさん、腹が下手。食べ物を分けなさい。』と言いました。でも、アリは『冬の為、食べ物が十分だ、しかし分けたら、十分じゃない。すみません、食べ物を分けられない。』と言いました。
The Ant and the Grasshopper
Once upon a time, there was an ant and a grasshopper. The ant worked every day during the summer. The ant was gathering food for the winter. However, the grasshopper didn't work, but was always playing the violin. The grasshopper said "We have enough food for today. Let's play!" However, the ant said "Winter is coming. Because I am gathering food for winter, I work every day." After a few months, it became winter. The ant and grasshopper couldn't find food. However, there was lot's of food in the ant's house. After a while, the grasshopper wanted to eat, but didn't have any food. The grasshopper went to the ant's house. The grasshopper said "Mr. Ant, I 'm hungry. Please share the food." But, the ant said "I have enough food for the winter, but if I share it, it won't be enough. Sorry, but I can't share the food."