Protect Japanese First Graders!

  •  
  • 321
  • 11
  • 4
  • English 
Apr 11, 2016 12:27
Protect Japanese First Graders!

In Japan, April is the first month of a school year. Most of the companies also set this month as a beginning of the business year. The entrance ceremonies were held at most ot the elementary schools in Japan on April 6th.

The first graders looked very small. Their appearances looked like chicks. I wonder whether seven-year-old child is such small? Their school bags wich were carried on their backs made them smaller than they really were.

Several days ago, we heard shocking news that a kidnapped girl , who was a seventh grader when she was kidnapped, ran away from a kidnapper's place and police protected her. She came back after she had been kept under house arrest for two years.

This news affected parents and teachers of elementary schools. Normally elementary school children have a custom of wearing name budges on the jacket all the time. They wrote their names on their items in bold letters wich can be read by anyone around them. However if we continue this custom, it will give criminers a chance to get children's full names easily!

This year, most of the elementary school decided a rule that children should not wear name budges outside schools. They also announced children should write their names on the hidden part of their school items.

I hope Japanese cute, chick-like first graders can enjoy their new shool life without feeling the danger of being kidnapped.

Lastly, I hope the poor kidnapped girl can start over her new life and regain everything which had been taken away from her for two years. God bless her.


Thank you very much for reading

日本の一年生を守れ!

日本では、4月は、学校が始まる月です。たくさんの企業も、4月を一年の始まりとしているところがたくさんあります。4月6日には、ほとんどの日本の小学校で、入学式が行われました。

一年生は、とっても小さいです。まるで、ヒヨコみたいですよ。一年生って、こんなに小さかったかなあ。。。たぶん、背中のランドセルが、彼らの体をより小さくみせているんだろう。

数日前に、ショッキングなニュースが飛び込んできました。当時、中学1年生だった女の子が、誘拐監禁された場所から逃げて、警察に保護されたのです。彼女は、2年間も犯人の家に監禁されていました。

このニュースは、小学校の先生や、こどもの親達に影響を与えました。実は!私達は、小学校に入る時、ある習慣があります。名前のバッジを胸にいつもつけますし、持ち物に全部名前を書きます!それも、回りの人から見えるように大きくはっきり書きます!

でも、こんなことをしていたら、犯人が、子供のフルネームを知るきっかけを与えることになります。

今年、小学校では、新しいルールを作りました。名前のバッジを学校の外ではつけない。また、名前を持ち物に書くときは、見えない場所に書く!ということです。

小学生の子供達が、誘拐の恐怖を感じずに、新しい学校生活を楽しむことができますように思います。

また、誘拐されていた少女も、もう一度、生活をやり直すこと、奪われたことを取り戻すことが、出来ますようにと思います。

神様、彼女を守ってください。


読んでくださって、ありがとうございました。