Mitsuko Part 3

  •  
  • 322
  • 6
  • 2
  • English 
Apr 27, 2016 13:19
Mitsuko Part 3

It was many years ago that I first heard of her as a Japanese woman of former days, who married a Count and moved to Europe and spent the rest of her life there. At that time, I only learned how she lived in Austria.

This time, I learned more interesting and romantic information about their marriage. Count Coudenhove's love was passion itself. He was almost blind for love. He loved a seventeen-year-old Japanese girl blindly. It was almost a kidnap. If we just hear this fact, we naturally jump to a conclusion that he was a very unruly person.

This is just my own view that his action was due to his traumatic idea toward love and marriage. He himself was a very intelligent and high-minded person. However he experienced a sad love affair with a french girl before. He gave up her because his family didn't allow it. They said they can't admit a foreign woman who is a commoner. In the end, she committed a suicide. After this incident, he seemed to have determined to marry a woman he love at any cost! He was determined to keep his lover all the time and not to allow anyone to harm her. He didn't want to loose his lover again! What a pure love story! I'm impressed very much.

At first, Count welcomed her as a housekeeper who took care of him. I think he treated her gently and Mitsuko also came to love him as time went by. They loved each other. Count did not return her to her family because her family didn't allow their marrige. However this is already within his expectations. He didn't care it.

He announced that Mitsuko is his wife and she is a fine "Countess Coudenhove" to his foreign friends in Japan. He also said,
"If anyone will harm or speak ill of my wife, I'll fight a duel with you. Promise me that you will always treat her as "Countess Coudenhove" with respect."

Mitusko was truly loved by him!

Thank you very much for reading.
青山光子 Part 3

彼女のことを知ったのは、もう何年も前のことです。その時は、彼女が大昔の人で、伯爵と結婚して、ヨーロッパに渡り、一生を終えたということを知りました。
詳しい内容としては、彼女のオーストリアでの生活です。

今回は、もっと面白い、ロマンチックは情報を入手しました。
二人の恋の始まりは、クーデンホーフ伯爵の一方的な猛烈な愛だったようです。伯爵は、光子を盲目的に愛しました。もはや、誘拐だったそうです。

そんなことを聞くと、伯爵が、とても悪い人のように聞こえます。しかし、そうではありません。伯爵は、もともと、知的で、高潔な人物です。しかし、恋愛に関して、過去に悲しい経験がありました。フランスの女の子との結婚を家族に反対されて、あきらめました。外国人で、貴族ではないという理由です。そして、その女の子は、自殺してしまいました。

伯爵は、どうやら堅く決心したようなのです。二度と、愛する人を失わないぞと、決心を固めたのです。それは、恋愛や結婚に関して、彼の中で、強迫的な観念にまでつながってしまったのではと、私は、個人的に想像します。

でなければ、誘拐まがいのことをするはずがありません。

始め、彼女を身の回りの世話係として採用しました。そして、彼女を大切にしました。そして、その間に、光子も伯爵が好きになりました。二人は、互いに愛し合うようになりました。光子の家族が、結婚を反対したので、伯爵は、光子を彼女の家族のもとに帰しませんでした。結婚に反対されても、伯爵は、気にしませんでした。もう、そんなことは、想定内だったからです。

彼は、日本の外国人の友達にも、ハッキリと申し渡しました。
「もし、誰かが、光子を傷つかたり、馬鹿にしたりしたら、私は、決闘する!彼女のことを、クーデンホーフ伯爵夫人として、尊敬の気持ちを持って、彼女に接してほしい!」

光子は、ほんとうに伯爵から、愛されていました。



また、また、また、長い話になりまして、申し訳ありません!
ごめんなさい!(>_<)(>_<)<(_ _)>