Ogasawara Islands' Very Strange History!

  •  
  • 714
  • 17
  • 2
  • English 
May 27, 2016 09:06
Ogasawara Islands' Very Strange History! Part 2

However, before Japan realized it, this islands seemed to have inhabitants of Micronesia. In 1823, Captain Frederick William Beechey of British Navy landed on one of Ogasawara islands and found their crew who had been previously lost at sea. He also noticed that other countries' ships often vist here. Captain Beechey put a singn board wich said that this island belongs to England and then he made a report to British Consulate of Honolulu. When Matthew Calbraith Perry of American Navy came to Japan in 1853, he mentioned Ogasawara islands as very good place as an interchange during a long journey.

The Tokugawa Shogunate was very surprised that the islands they long believed as useless turned out to be very valuable place. They quickly dispatched official workers and they declared to the foreign inhabitants that Japan will govern Ogasawara islands.

This sounds like a funny fairy tale. I understand now that local dialects in Ogasawara islands are affected with English. For example, in foreign countries where Japanese army once stayed, local people still speak a lot of Japanese. The same thing happened in Ogasawara islands too.


Thank you very much for reading!
小笠原諸島のとても不思議な歴史 パート2

しかし、日本の知らない間に、この島には、ミクロネシアからの居住者がいました。1823年に、イギリス海軍のビーチー船長が、小笠原諸島の一つの島に降りました。そして、海で行方不明になったクルーを発見しました。また、他国の船も時々、この島に泊まることを知りました。船長は、イギリスの島であると書いた板を立てて、ホノルルのイギリス領事に報告しました。1853年にアメリカ海軍のペリーが日本に来たとき、彼は、幕府に、小笠原諸島の中継地としての良さを話しました。

徳川幕府は、自分たちが何の価値もないと思っていた島が、海外では、貴重な島と考えられていることを知り驚きました。早速、人を島に送り、そこに住んでいる外国人に、日本の統治下にあることを宣言しました。

これは、おかしな昔話のように聞こえます。現地の言葉が、英語の影響を受けていることを理解できます。例えば、昔、日本軍がいた外国では、現地の人が、今でもたくさんの日本語を話します。同じことが小笠原でも起きているのでしょう。

読んでくださって、ありがとうございました!