Japanese Mistery Novels

  •  
  • 599
  • 15
  • 3
  • English 
May 22, 2016 22:18
Japanese Mistery Novels

When I watch American TV dramas, the most frequently heard expressions is something like, "We aren't Scully and Mulder. We can't solve the answer of mystery."
I couldn't know what this meant for a long time because I hadn't watched "The X-files" before.

I still haven't watched it so much though, I know they are FBI special agents now.

If you watch Japanese dramas, you might come across some expressions referring to Japanese famous mystery Novels.

So, I would like to introduce three mystery writers who are very popular in Japan.
Firstly, the writer is Edogawa Rampo. His pen name comes from Edgar Allan Poe. Rampo's novels are often called "Gothic novel". There are many bizarre and erotic stories. However he also wrote good detective stories for children.

Secondary, Matsumoto Seicho is often said that he created a new genre in crime fiction. We can learn real crimes and social problems in the past days of Japan through his novels. After reading his novels, I always feel I became three times more inteligent. His novels are always dramatized on TV.

The third writer and I like best of all is Yokomizo Seishi. When we read his novels, we have to enjoy his novels as just fictions. There are many cruel and ghastly murder cases. They are very horrible. We should not take these stories seriously. His novels are full of fantasies and local legends. His novels were made into movies many times. Many people are enthusiastic fans of his movies. So when we are in an old creepy, we often say, "犬神家みたい~~。This is just like Inugami family's house!” "The Inugami Family" was the biggest hit of his movies. If you want to be scared, it is worth watching! I like this movie best too!

Thank you very much for reading!
日本のミステリー小説

アメリカのテレビ・ドラマを見ていると、よく耳にするのが、「モルダーとスカリーじゃあるまいし。。。」とか、「モルダーとスカリーみたい!」です。

ずいぶん長い間、この意味がわかりませんでした。やがて、X-ファイルの主人公だとわかりました。(結局、今でも、X-ファイルを見ていないんですけど。。。なんどか挑戦しましたけど。。。つまらなくて。。。いつも最後まで、見ることができません。)

日本のドラマを見ていると、同じことが起こると思います。日本のミステリー小説を知っていると便利だと思います。(日本だと、横溝正史の映画のシーンのことが、セリフによく登場します。横溝正史以外でも、ミステリー小説を知っていると便利ですよ。よく出てきますから。)

だから。。。

代表的な3人のミステリー小説の作家を紹介します!

一人目は、江戸川乱歩です。アメリカ小説家のエドガー・アラン・ポーの名前をもじったペンネームです。彼の作品は、怪奇小説などと呼ばれています。ちょっと奇妙な精神世界の話が多いです。(英語で説明できませんけど。。。日本語がわかる人は、便利ですね。)怪奇小説だけでなく、子供向けの探偵小説もたくさん書いています。

二人目は、松本清張です。彼は、社会派推理小説という新しいジャンルを開拓したと言われています。彼の小説を読むと、日本の昔の、実際にあった事件や、政治問題などを知ることができます。だから、読み終わった後、「あ~~、なんか、3倍くらい頭が良くなった気がする~~~!」と思います。とても人気があって、いつも、テレビでドラマ化されています。


三人目は、横溝正史です。彼の作品は、フィクションであるということをいつも頭に入れていないといけません。作品の中で、とても凄惨な殺人が行われます。とっても恐いです。彼の小説は、ファンタジーというか、伝説が良く出てきます。とっても面白いです。日本では、一番人気があるんじゃないかなと思います。彼の作品は、多くが映画化されています。怖いですけど、面白いから、必見だと思います。
日本では、怖い場所にいるとき、「なんか犬神家の一族をおもいだしちゃった~~。こわ~~い。」という人が多いです。みんな、この映画が好きですから。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app