Mitsuko Part 1

  •  
  • 425
  • 18
  • 4
  • English 
Apr 21, 2016 18:26
Mitsuko Part 1

Last night, I was letting my mind wander for some time because the updated news about the Kyushu earthquake were all depressing. When I am in a daze, I make it my custom to google some people whom I've been interested in for many years.

The people whom I think are very interesting are Kaspar Hauser, Empress Elisabeth of Austria and Mitsuko Aoyama. I have such a list of more people whom I want to know more. Anyway, I often google these three people to kill times for no special reason.

Last night, I checked Mitsuko. She was a famous woman who married a foreiger when international marriage was very rare. The marriage of Lafcadio Hearn and Setsu was 1891 and this was considered to be the first international marriage in Japan.

Mitsuko at seventeen married Count Coudenhove-Kalergi, a diplomat of Austria-Hungary in 1893. She became Countess! It's a Cinderella story!!

To be continued!


Thank you very much for reading!
青山光子

昨日、更新される九州地震のニュースが暗かったので、私の心は、ここにあらずという感じでした。頭がボ~~~~ッとしている時には、ある人物達をネットで調べるのをここ数年の習慣にしています。何人か、とても面白い人達がいます。

彼らは、カスパー・ハウザー、オーストリア后妃エリザベート、青山光子です。他にも、面白いと思う人達のリストがありますが、とりあえず、この三人は、よく調べます。

昨日は、光子さんについて調べました。彼女は、国際結婚がめずらしい時代に外国人と結婚したことで、有名です。日本で最初の国際結婚と考えられているのが、ハーンとセツの結婚で、1891年のことです。

光子は、1893年に、オーストリア・ハンガリーの大使として来日したクーデンホーフ・カーネギー伯爵と結婚しました。彼女は、17歳の時です。彼女は、伯爵夫人になりました!すごい!シンデレラ・ストーリーですよね!


つづく


読んでくださって、どうもありがとうございます!