Japanese Culture found in Western Culture

  •  
  • 512
  • 6
  • 1
  • English 
May 21, 2016 12:08
Japanese Culture found in Western Culture

In my earlier post, I wrote about LOUIS VUITTON Exhibition-The History of Bags. There was one thing that made me happy in this TV show. When it comes to brand bags, we soon imagine logo marks printed all over the bags. I thought this is a western designer's original idea. I've never seen those type bags in Japan. I mean such bags which have a long history. However, the idea of logo marks came from Japanese 家紋(かもん)-family crest.

Universal Expositions which occurred in the middle of 19 century in western countries created a sensation called Japonism. A person of public relations department of LOUIS VUITTON said that our designer was inspired by Japanese family crest and printed logo marks all over the bags.

I was very glad that I could trace back of Japanese culture in Western culture. It is really interesting.

The most famous family crest in Japan is the Imperial chrysanthemum crest. The three leaves family crest of Edo shogunate is also very famous!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%8A%E8%8A%B1%E7%B4%8B%E7%AB%A0

http://blogs.yahoo.co.jp/wakokisa/10143916.html

Thank you very much for reading!
西洋の文化の中に見る日本の文化!

先日、ルイ・ヴィトンのバックの歴史という話をすこし書きました。この番組の中で、うれしいことが一つありました。

なんと、あのロゴ・マーク(バッグ一面に、ド~ンとこれでもか、これでもかと印刷されているあのロゴ・マーク)が、日本の家紋に影響されて誕生したということでした。

19世紀の中頃、西洋では、世界万博が何度か行われて、日本の文化が大変な評判を呼び、ジャポニズムと呼ばれました。ルイ・ヴィトンのデザイナーも日本の家紋を見て、それをヒントにあのロゴ・マークをデザインしたバッグを発明しました。

そのように、ルイ・ヴィトンの広報の人が説明していました。

日本では、あのブランドバッグみたいなバックは、もともとはありません。だから、まさか、日本の家紋から生まれたとはおもいませんでした。でも、日本の文化が西洋の文化の中に見られるなんて、とてもうれしいです!

ちなみに


日本で有名な家紋といえば、皇室の菊の御紋です。
そして、江戸幕府の葵(あおい)の御紋も大変有名です。

読んでくださって、どうもありがとうございました!