Today I practiced English and Japanese with my friend over Skype fo...

  •  
  • 195
  • 3
  • 2
  • English 
Oct 25, 2018 00:05
Today I practiced English and Japanese with my friend over Skype for the first time after several weeks. She lives in Tokyo, but last month she had to fly back to the US for her assignment.
Our topics always changes frequently. We were talking about the definition of "bisexual" which she found from a psychology book. She mentioned my past trouble. I told her before that I had been involved in a trouble with a woman while I was living in the Philippines.
The woman wasn't aware that she was bisexual or that she was attached to me so strongly. And I was so ignorant that I didn't think I may have been involved in such a trouble: a woman would fall for me, who is much younger and from foreign country. I had been thinking for a long time what I could have done for the problem.
It was not until today that I noticed I've been released from the suffering thought like, "I must have been responsible for that." I was astonished to find that now, I think that you can't help anything with being stalked or followed by someone you don't like. It's not my fault, but just their problems.
When I said to my friend, "I didn't know why I had to ask her for a permission to go eat durians at the market on Friday night with someone else", I realised how funny I may sound and I laughed a lot.
I lived in Davao in Mindanao, on the southern island of the Philippines. Davao is famous for its durian products. Have you ever eaten durians? They are very stinky fruits. Some taxi drivers would refuse to pick you up if you are carrying durians. I've seen a sign "No durian" before. Not many people like that fruit, but I do. I went to the market with my friends and had dinner at a good fish stand. And then, we strolled around the dark Durian Street (this is the place's name) for good durians. The fruit stand gave us a plastic apron, a pair of plastic gloves and a hatchet. We split durians on the street and ate them. It was fun. Right after I put the photo of durians on Facebook, that made the woman mad.
Now the memory just makes me laugh, but doesn't suffer me anymore. https://plus.google.com/100954620882713840681/posts/SNjjZR5HVT6
友達と、数週間ぶりに、スカイプで英語と日本語を練習しました。友達は東京に住んでいますが、先月、出張でアメリカに帰国していました。
私達の話題はよく変わります。私達は、友達が、ある心理学の本で読んだバイセクシャルの定義について話しました。友達は、私の過去の災難に触れました。以前、友達に、フィリピンに住んでいた頃に巻き込まれた出来事について、話したことがあります。
ある女性との間のトラブルでした。彼女は、自分がバイセクシャルであることも、私に執着していることも全く自覚がありませんでした。そして私もまた、自分がそういうことに巻き込まれるとは思いもしなかったのです。つまり、私よりずっと若い、外国人の女性から恋愛感情を寄せられる可能性を考えたことがありませんでした。以来、ずっと、自分はどうすればよかったのか、考え続けていました。
今日、初めて気が付いたのですが、私は、自分を苦しめていた考えからようやく解放されたようです。私はずっと、「自分にも責任があったのではないか」と感じていました。でも、今、自分が、
「好きでもない相手が、ストーカーになったり、一方的につきまとったりしても、それは私のせいじゃないし、どうしようもない」
と考えているのに気づいて、びっくりしました。
友達に、
「どうして、金曜日の夜に誰かとドリアンを食べに行ってもいいですかって彼女に聞かなきゃいけないのか、本当に分からなかった」
と言った時、ようやく、自分の言葉がどんなに馬鹿馬鹿しく聞こえるか分かって、吹き出してしまいました。
私は、フィリピンの南の島、ミンダナオ島のダバオに住んでいました。ダバオは、ドリアンの産地として有名です。皆さんは、ドリアンを食べたことがありますか。とても匂いのきつい果物です。ドリアンを持っていたら、タクシーの運転手に乗車拒否されます。「ドリアン持込禁止」という立て看板を見たこともあります。ドリアンが好きじゃない人も多いですが、私は好きです。友達とマーケットに行って、おいしい魚料理の屋台で晩ごはんを食べました。それから、暗いドリアン・ストリート(本当にこういう地名なんです)を歩き回って、おいしいドリアンを探しました。果物屋の屋台は、ビニールのエプロンとビニール手袋、それから鉈をくれました。私達は路上でドリアンを割って、食べました。楽しかったです。私がドリアンの写真をフェイスブックに投稿したら、例の女性が怒ってしまったというわけです。
その事件を思い出しても、今はもう、つらくないです。