The Vagina Monologues in Osaka part 1

  •  
  • 241
  • 11
  • 2
  • English 
Oct 28, 2018 18:38 thevaginamonologues
I am thinking of joining an event in Osaka held in the coming February. A feminist group is organising the event. They'll perform "The Vagina Monologues" both English and Japanese. I'd got a flier to call for the participants at a book club meeting some days ago. Since then I've wanted to join as a performer. I love performing on the stage. However, there was only one thing disturbing me.
I read Wikipedia for more information. In the article the history of the drama in Japan is also mentioned and it says that some actresses said some dirty words in Japanese on the stage when they performed a Japanese version.
I am not sure if I could explain well enough. I wouldn't care saying "cunt" or "vagina" in English, maybe it would also be okay on the stage. Because English is not my native language. I don't think that I understand as well as native speakers do, what those words exactly mean(imply?). And maybe it will be the same, for those who are not Japanese native speakers, it might be impossible how I feel when I just imagine saying those words in Japanese.
来年2月に大阪で開催されるイベントに参加することを考えています。フェミニストの団体がそのイベントを企画運営しています。「ヴァギナ・モノローグス」という戯曲を、英語と日本語の両方で上演します。先日、読書会の時に、参加者を募集するチラシを受け取りました。以来、役者として参加することを検討しています。私は、舞台で演じるのが好きです。ただ、一つだけ、気がかりなことがありました。
ウィキペディアを読むと、日本での「ヴァギナ・モノローグス」の歴史についても触れてあります。上演される時、日本人の女優達は、台詞の中で、ある言葉を使いました。
どう言ったらいいんでしょう。私は、英語で「cunt」「vagina」と言うことにそんなに抵抗はないんです。舞台の上でも、多分平気です。なぜなら、私にとって英語は外国語だからです。英語のネイティブスピーカーがそういう言葉を聞いて、実際にどういう印象を受けるか、私には見当もつかないのです。多分、日本語のネイティブスピーカーでない人が、その日本語の表現に対する私の嫌悪感を理解するのは難しいかも知れません。