I really don't like going to an unfamiliar hairdresser.

  •  
  • 228
  • 25
  • 3
  • English 
Jul 21, 2018 22:44
I really don't like going to an unfamiliar hairdresser. When I said so to my friend on Skype, she saw my face and commented: "Your hair doesn't seem difficult to cut."
I had just been reluctant to find a new hairdresser in Sanda since I moved to Sanda in January. She is right. I wouldn't give difficult orders, I just want to have my hair trim straight. To be honest, what I don't like in a hair salon is that I have to make small talk with a hairdresser. I don't know why, but my honest replies to these questions seem to annoy everyone:
1.
A hairdresser: "What do you do?"
Me: "I am a teacher at the correspondence school."
A hairdresser: "You must be very smart."
Me: "...."
2.
A hairdresser: "What are your hobbies?"
Me: "I learn English and German every day."
A hairdresser: "You must be very smart."
Me: "..."
To avoid them, I should give the other topics first, like "Since I was made fun of by my brother saying that my hair reminded him of a comedian, I have liked short hair."
Today I tried a hair salon in Sanda which I hadn't visited. I took the book to the booth which I had just gotten from the UK. Reading an English book may annoy people, but fortunately my hairdresser liked that and focused on cutting my hair.
If I were a dental hygienist and my hobbies were tennis, visiting cafes, shopping and so on, would things go easier? Maybe, yes.
https://vocaroo.com/i/s0GQU7HS3Z5Q
知らない美容室に行くのが苦手です。スカイプで友達と話している時にそう言ったら、彼女は私の顔を見て、コメントしました。
「真紀さんの髪型はそんなに難しくないと思うけど?」
1月に三田に引っ越してきてから、全然、美容室を探そうとしていませんでした。友達の言葉は正しいです。私は髪型にうるさいタイプではありません。単にまっすぐ切ってくれたらいいんです。正直、美容室で何が嫌かというと、美容師さんと世間話をしなければならないことです。何故かは分からないのですが、私の答えは、誰もかれもに反感を抱かせるみたいです。
1.
美容師「お仕事は何をなさっているんですか」
私「通信制高校で、教師をやっています」
美容師「へえ、すごく頭いいんですね」
私「(無言)」
2.
美容師「ご趣味は何ですか」
私「毎日、英語とドイツ語を勉強しています」
美容師「へえ、すごく頭いいんですね」
私「(無言)」
こういう不愉快な事態を避けるために、自分から別の話題を提供することにしています。例えば、「兄が私の髪型が又吉に似てるって言って私をからかってから、もうそれがトラウマで、ずっと髪を短くしているんです」
今日、三田市内の、行ったことがない美容室を試しました。ブースまで、イギリスからちょうど届いたばかりの本を持っていきました。英語の本を読んでいると、いやな目に遭うことも実はあるんですが、幸い、今日の美容師さんは黙々と私の髪を切ってくれました。
もし、私が歯科衛生士で、趣味がテニス、カフェ巡り、買い物とかだったら、もっと楽でしょうか。多分。
https://vocaroo.com/i/s0DbsHih5gdR