My friends sometimes show me photos they took in their daily lives.

  •  
  • 125
  • 8
  • 3
  • English 
Jun 15, 2019 19:48
My friends sometimes show me photos they took in their daily lives. It's good to learn about the culture of your target language, but before all, it's fun. I also share my photos with them. I want them to know about my life.
When one of my friends showed me photos of interesting posters which tell people that they should use a condom or go to a doctor when they catch a sexually transmitted disease. I found those posters cool and informative. Suddenly I felt a strange feeling as if I was seeing them through another person's eyes. I asked him where he took those photos. The posters were in front of a main train station, on the street. He asked me back if there are similar posters in Japan, and I said "No". Then I finally figured out what felt strange. The posters, which can never be seen on the street in Japan, didn't embarrass me at all, whereas many Japanese people would react differently to them. They might be so embarrassed that they would look away from them or say something weird to hide their shock. There is a gap of sensibilities(sentiments?) between them and me.
My boss had been mad at me for almost two weeks, because I used these words such as "pill" and "contraception" to one of my students. (He isn't mad any longer, fortunately. Now he is grateful that I can properly teach students about such difficult problems with confidence.) His opinion, that you shouldn't teach children or students about sex, is sadly the majority of Japan; a country where a woman is blamed by her doctor when she needs pills for a treatment. That happened to me. My former doctor blamed me saying that I just wanted pills to prevent from getting pregnant because I had multiple sex partners. The clinic I went belonged to a national university hospital in Osaka. I still can't believe that. It happened to me in the 21 century at one of the best reputed hospitals of Japan.
I had been aware that other people take me as a person who has annoyingly modern opinions about sex or gender even before the conflict with my boss. Sometimes I am told that, but I wasn't sure how far I am, the distance is.
The moment I had another person's eyes inside me was precious. I understand why other people tell there seems to be a cultural difference with me, even though I am a Japanese person who was raised in Japan, speaking all the time in Japanese with them. I am wondering when I started changing. I started forming different views, and as a result, I may have been leaving the majority of Japan (maybe...), when I restarted learning English. Through my friends I have been learning many things that are still not common in Japan. "You have been too much influenced by foreign cultures": this is what other people say to me when my modern opinions annoy them. I don't know how to reply to them, so it is good to know how far I have come.
Sometimes I am frustrated that I have no words to tell others when I want to explain things that are very normal for me. It's not a problem of my Japanese skills nor their Japanese.
スカイプで通話している時、友達はよく写真を見せてくれます。ドイツ語圏や英語圏の文化を学ぶのに、本当にいい教材です。でも何より、写真を見せ合うのは楽しいです。私も写真を見せますが、それは友達に私の生活について知って欲しいからです。
ある友達が、「コンドームを使いましょう」とか「性病にかかった時はすぐ医者に」などといった啓発ポスターの写真を見せてくれた時、私は単純に、いいことだなと感心していました。でもその時不意に、変な感じがしました。他の人の目からその写真を見ているような感じがしたのです。どこでその写真を撮ったのか、聞きました。中央駅の前の路上にあったものだと友達は言いました。
「日本にもこういうポスターがありますか」
と友達が聞いたので、私は、
「いいえ」
と答えました。そして、やっと、違和感の正体が分かりました。日本の公共の場では決して目にすることのないそういう啓発ポスターは、私にとってはごく当たり前、どうということのないものです。でも、多くの日本人は、私と違う反応を示すでしょう。狼狽して目を背けたり、恥ずかしさを隠そうとして、変なことを口走ったりしてしまうに違いありません。自分と、他の日本人の間には、かなり大きな感覚のずれがあります。
2週間くらい、上司が私に対する厳しい見方を隠そうとしませんでした。私が生徒に「ピル」「避妊」という言葉を使ったからです(ちなみに今は考え方を変えたみたいです。むしろ、そういうデリケートな問題もしっかりと、自信を持って指導してくれる、というふうに評価してくれています)。悲しいことに日本では、子供達に、性について教えないほうがいい、という考え方が、まだ一般的です。日本は、例えば、治療のために病院を訪れた女性がピルが欲しいと言ったら、男性医師に非難されるような国です。これは実際に私が経験したことです。医者は、私が、不特定多数の男性とセックスしていて、避妊のためだけにピルが欲しいんだろうと言って私を責めました。私が行ったのは、大阪大学医学部付属病院です。本当に信じられないです。21世紀なのに、日本で最も権威のある大学病院でこういうことがまだ起こっています。
上司の不興を買う以前から、うすうす、私は、他人から、「性とかジェンダーとかについて新しすぎる考え方を持つ、うるさい女」と思われているのは分かっていました。よくそういうことを言われます。でも、どのくらい、自分と他人の考え方とにずれがあるのか、分かっていませんでした。
自分の内部に存在する他人の目から、ポスターを眺めている、と感じた瞬間は本当に得がたいものでした。どうして、
「山本さんは感覚が違いすぎる」
と言われるのか、ちょっと分かった気がします。私は日本人で、日本で生まれ育って、常日頃日本語を喋っています。いつから自分は変わり始めたのでしょう。多分、英語の勉強をもう一度始めてからです。物の見方が変わりました。そして、日本の世間一般の考え方からどんどん離れていって、違う意見を持つようになりました。外国の友達は、日本ではまだ一般的でない物事や考え方を教えてくれます。
「外国かぶれし過ぎじゃないの!?」
と、私が「日本人離れ」した意見を披露するたびに非難されます。どう返せばいいか分かりません。でも、とにかく、どれだけ他人と物の見方が違ってしまっているか、分かって良かったです。
本当に、言いたいことが伝わらなくてもどかしい時がよくあります。私にとっては当たり前のことなのに、相手には理解できないのです。お互い日本語で喋っているので、言語の問題ではありません。