Women in Osaka always have candies in their bags and if they encoun...

  •  
  • 223
  • 5
  • 3
  • English 
Sep 17, 2018 22:10
Women in Osaka always have candies in their bags and if they encounter someone coughing, on the train, at the hospital, at the city hall, in any place they meet such a situation, they are ready to offer candies from their bags. This is what I experienced several times. I also received a candy when I became sick on the train, and I myself give sweets to strangers without hesitating if they look to be sick.
I live in the Kansai area where the people are known for their cheerful characters. Geographically Osaka, Kyoto, Nara, Hyogo, Shiga, Wakayama (and Mie, sometimes) belong to Kansai. I believe that the people in Osaka are the most open and frank. If you travel in Osaka, you would be surprised that the native people never hesitate to talk to you, as a tourist. I live in Hyogo, in a town 50 minutes by train from Osaka.
My friend from the US is currently living in Tokyo. When I said to her that if you cough on the train, female passengers would offer you candies, she didn't believe me at all. She shivered: "Ups, that sounds a bit dangerous. We were taught that we shouldn't receive sweets from a stranger when we were kids."
Her reply surprised me, because as a person born and raised in this area, I never thought of the possibility of that danger. Maybe she is right, but not in Hyogo, Osaka, or Nara. I'm not sure of Kyoto where the native aren't known for their generosity.
After that conversation, my friend visited me in March. We entered a restaurant in Namba, Osaka, for lunch. We were seeing the menu and wondering what "kizami-age" was like. Suddenly a man next to us talked to us explaining, "Kizami-age are a kind of abura-age, but cut into small pieces. I think that they're good on an udon. I recommend!"
After the lunch, we experienced to be suddenly spoken by strangers on the street several times. When we settled in my flat, she said that she now understood what I said: The people around here are very open.
Talking to a stranger, offering sweets to a stranger, are two big features of the native in this area. One German friend said once that Osaka is like Italy. I'm not sure, because I've been there only once for a week. Do Italian also offer candies to a stranger?
大阪のおばちゃんは、いつもかばんにアメちゃんを入れて持ち歩いています。そして、電車、病院の待合室、市役所、どこでも、咳をしている人を見かけると、すぐさまアメをあげます。私自身、アメをもらったこともありますし、具合の悪そうな人に、お菓子をあげたりもします。
私は関西に住んでいます。関西人は明るい性格で知られています。地理的には、大阪、京都、奈良、兵庫、滋賀、和歌山が、(そして時々三重も)関西に属しています。大阪人が一番親しみやすいと思います。大阪を旅行したら、大阪人が、旅行者にためらわずに話しかけるのにびっくりするかもしれません。私は兵庫県の、大阪から電車で50分のところにある町に住んでいます。
アメリカ出身の友達が、今、東京に住んでいます。私が、
「大阪のおばちゃんってね、電車の中で咳をしている人を見かけると、アメをくれるんだよ」
と言ったら、全く信じてくれませんでした。恐ろしそうに身震いして、
「うわっ、それって危なくない? アメリカ人は、子供の時に、知らない人にお菓子をもらっちゃいけませんって教わるよ」
彼女の言葉を聞いてびっくりしました。私は、関西地方で生まれ育ったので、その危険性について考えたことが一度もありませんでした。多分、彼女の言葉は正しいのでしょう。でも、兵庫、大阪、奈良では違います。京都についてはちょっと分かりません。京都人は、気前がいいことで知られているわけではありませんから(実際は逆です)。
そのやりとりの後、3月に、友達が関西の私のところに遊びに来ました。私達はお昼ご飯を食べに、なんばのレストランに入りました。メニューを眺めて、「きざみあげ」ってどんなものなのかと言い合っていると、突然、隣に座っていた男性が話しかけてきました。
「きざみあげゆうたら、油揚げの一種や。油揚げをちっちゃーく刻んだやつ。うどんに入ってんのはうまいで。おススメや!」
食事の後、私達は、街で、突然大阪人が話しかけてくる現象に何度も遭遇しました。私のアパートに落ち着いて、彼女は、
「真紀さんが言ってたことが分かった」
と言いました。この辺の人は信じられないくらい、オープンです。
知らない人にも臆せず話しかける、アメを配る、この2つは、関西人の大きな特徴だと思います。あるドイツ人の友達は、
「大阪はイタリアに似ています」
と言いました。私には分かりません。イタリアには1回しか、それも1週間だけしか滞在したことがないからです。イタリア人も、知らない人にアメをあげるのでしょうか。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app