I still remember the graph handwritten on the blackboard by my biol...

  •  
  • 235
  • 7
  • 2
  • English 
Sep 22, 2018 01:04
I still remember the graph handwritten on the blackboard by my biology teacher. He explained how medicine or chemical substances work in a human body. Generally the amount of the given substances is below the level where you can see the efficacy, the body doesn't show any reactions. The graph is called "Dose-Response Curves".
My teacher said, "If you want to cure your illness, your intake must be above the level where you can see the efficacy."
I liked that short lecture and somehow remember it often for a long time, especially after I started studying English again.
I think that you can apply the "Dose-Response Curves" theory to your study. I'm not an expert at all, but just a language learner, so what I want to explain may be very known to language learners. I think that if you want to improve your language skills, you should exceed the minimum level to see the efficacy." I often hear someone complain saying that Japanese/English/Chinese/whatever language they're learning is too difficult and they wonder if the day will come to them when they start speaking it. I don't mean to be very strict, but I think that you should study at least to where you can read and write all the hiragana, katakana and some kanjis quickly. If you are struggling with your slow progress, it may not mean a lack of your talent, but your deficiency in study. Sound severe? I just want to say that you could overcome your problem if you ever study enough. Less than the level, there's no difference between learning 3 words a week and 10 words a week. I was one of those people complaining why I couldn't improve my English skills at all. I don't think that I am a hard learner still now, but I'm always trying to give myself enough study to exceed the point to see the efficacy. This weekend's goal is to read as much as I can. I shouldn't put my limit before the line to overcome.
生物の先生が黒板に描いたグラフを、まだ覚えています。先生は、薬や化学物質が体内に摂取された場合、どのように人体が反応するかについて説明しました。一般的に、摂取された物質の量が、ある一定の用量を超えるまでは、何の反応も見られません。そのグラフは、ウィキペディアによると「用量反応曲線」、私の記憶では「有効曲線」という名前でした。
先生は言いました。
「もし病気を治したければ、効果が出る最低限の量以上を摂取しなければならない」
私はその授業がすごく面白いと思って、ずっと覚えていました。特に、英語の勉強を再開してから、よく思い出しました。
この「用量反応曲線」の理論を、学習にもあてはめることが出来ると思います。私は学者ではなくて、趣味で語学をやっているだけなので、私が説明しようとしていることは、全く聞き古されたことかもしれません。もし、外国語を上達させたければ、学習効果が出る最低ラインを超えなければなりません。よく聞くのが、「日本語は・英語は・中国語は(その他何でも学習言語)難しすぎる、話せるようにならないと思う」という泣き言です。私は別に厳しいことを言うつもりはないのですが、せめて、ひらがな、カタカナ、漢字をいくつかは、即座に読んだり書いたり出来るところまでは努力するべきです。なかなか上達しない人は、語学の才能がないせいではなくて、単に勉強不足なのではないかと思います。私の言うことはきついですか。逆です。ちゃんと勉強さえすれば、上達するはずだと、言っているのです。学習効果が出る最低ラインまでは、全然差は出ないのです。週に単語を3つ覚えようが、10個覚えようが、変わりはありません。私も以前は、英語が全然上達しないとよく嘆いていました。今でもそんなにたくさん勉強していませんが、最低ラインを超える学習量を、自分に課すようにしています。今週の目標は、出来るだけたくさん読むことです。自分の限界を、ラインの手前に設定してはいけません。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app