The temperature around here rises over 30℃ these days, however, I k...

  •  
  • 333
  • 11
  • 2
  • English 
Jun 18, 2017 00:30
The temperature around here rises over 30℃ these days, however, I keep making hot cocoa at midnight. I know that it is an unhealthy behaviour. I am susceptible to suggestion. I can't decide if it is good or not. However, it is good I'm aware of that. Sometimes I suddenly realize that I have been really into something I shouldn't be interested in, just because someone suggested.
This month I'm listening to an audio version of my favourite book. I have read that book many times but only in a Japanese translation. This audio version was based on the original English text, so it is interesting. If I am writing this post in Japanese, I shall omit the title of this book, but in English man shouldn't do that(maybe). The title is "Once Upon Stilettos". I am repeating the very last part of the book.
The protagonist was in a danger and running alone without a coat in a cold rainy night. Her hero (and my hero) Owen, a powerful wizard, rushed to help her. He even provided her his guest room as a shelter. It was a snow storm outside. He made hot cocoa for her in his cozy kitchen. She kept a secret, but his sincerity moved her and she realized he was reliable enough to share her secret.
Why I would hardly share information about my topics when I use in Japanese is I am a bad storyteller. Readers might not be able to find this story interesting, but I love this story. Every day I listen to this part and make cocoa for myself. I should go ahead, I mean, it is time to try another story.
連日気温は30度を超えるというのに、私は真夜中に熱いココアを作り続けています。健康に悪いということは分かっています。私は暗示に弱いです。それ自体、いいことなのかどうなのか、判断がつきませんが、自覚できているのはいいことです。突然、自分が好きでもないものに熱中しているのに気が付くことがあります。ささいな暗示がきっかけになるのです。
今月、私は、ある本のオーディオブックを聴いています。何度もその本を読んだのですが、日本語版でした。オーディオブックは、英語の原文を読んだものなので、面白いです。これを日本語で書いているなら、題名は省略するのですが、英語を書く場合は省略すべきではないでしょう。「赤い靴の秘密(邦題)」という題名です。その最後の部分を繰り返し聴いています。
主人公は危機にさらされていて、冷たい雨の夜、コートも着ずに、たったひとり逃げています。彼女のヒーロー、強大な力を持つ魔法使いのオーウェンが彼女を助けに駆け付けます。オーウェンは、自分の家のゲストルームを彼女の避難場所として提供します。外は雪嵐でした。オーウェンは、居心地の良いキッチンで、熱いココアを作ってくれます。主人公はある秘密を隠していますが、オーウェンの真心のこもった態度に心を動かされます。そして、秘密を打ち明けるなら彼だと思います。
どうして私が日本語を使っている時は、本の題名などの情報を言わないかというと、私はいい語り手ではないからです。読者は、どうしてこの本が面白いのか、さっぱり分からないでしょう。でも、私はこの本が好きなのです。毎日この部分を読んで毎日ココアを作っています。そろそろ、別の本を聴き始めたほうがいいかもしれません。