When I started working at a restaurant at the age of 19, I was one ...

  •  
  • 93
  • 4
  • 3
  • English 
Jun 23, 2019 00:46
When I started working at a restaurant at the age of 19, I was one of the worst waitresses in the galaxy. As a child, I didn't eat out with my family very often, so I didn't learn many food that were served at restaurants or bars. I had difficulty taking orders correctly. When I was extremely nervous, I hardly understood what the customers said. After the restaurant was closed, I took one of the sheets of "Today's menu" that were handwritten by the owner chef. Every day he wrote them before he opened his restaurant, because he decided what to serve according to what he purchased at the market in Osaka in the morning. At night, I memorise the menu and practiced saying like "Today we're offering a special menu with terrific German wines. Maybe you would feel like trying this side dish course? What sauce would you like with the roasted beef?"
I also had to practice to open wines with a corkscrew. Two months after I started my part-time job there, I bought a corkscrew. Having one made me feel good. When my friends gathered in my flat, they often brought bottle of wines and I could practice with them.
The owner chef was thinking about how to fire me for the first four weeks. However, when I told him I wanted to quit, that caught him off guard and he found himself trying to convince me to work at least one more month. That's what he told me after I had settled in the restaurant as a veteran waitress. I loved working there.
Since then I have had a corkscrew, not the first one, but always one in a drawer of my kitchen. It reminds me of my days as an apprentice and makes me smile.
I still visit the restaurant every time I go to Nara, and see a college student like me working as a waitress there.
https://www.instagram.com/p/BIw8GkXDy5A/
19歳でレストランのアルバイトを始めた時の私は、宇宙一へまなウェイトレスでした。子供の頃、めったに家族で外食に行ったりしなかったので、レストランや居酒屋で出される料理の名前も知りませんでした。注文を正確に取ることが難しかったです。緊張していると、お客さんの言っていることが全く聞き取れなくなります。レストランが閉店したら、「本日のメニュー」を一枚もらって帰りました。マスターの手書きのメニューです。マスターは、朝、大阪の南港の市場で仕入れたものでその日のメニューを決めて、開店前にメニューを書きます。夜、私はメニューを暗記して、声に出して練習します。
「本日は、上質なドイツワインにぴったりのスペシャルメニューをご用意しております。酒の肴コースはいかがですか。牛のたたきにはどのソースになさいますか」
ワインオープナーの使い方も練習しました。仕事を始めて2か月後に、自分用のワインオープナーを買いました。すごく大人になった気分でした。友達が私のアパートに集まって飲む時は、よくワインを持ってきましたから、それで練習しました。
マスターは、最初の1か月、いつ私をくびにしようか考えていたそうです。でも、いざ私が、
「辞めさせて頂きたいんです」
と切り出した時、びっくりして、思わず引き留めてしまったそうです。
マスターは、
「せめてもう一か月働いてみいひんか」
と言いました。
この話は、私がすっかり一人前のウェイトレスになった頃に、聞きました。私は本当にウェイトレスの仕事が好きでした。
以来、ずっと、ワインオープナーを持っています。最初のやつは失くしてしまったのですが、それでも、キッチンの引き出しには必ず一本常備しています。見るたびに、一生懸命メニューを暗記していた、不器用な若い頃を思い出します。
今でも、奈良に遊びに行くたびに、そのレストランに寄ります。相変わらず、女子大生がそこでウェイトレスをしています。