Dialect 1

  •  
  • 137
  • 13
  • 4
  • English 
Feb 20, 2019 00:48 dialect
My student staying in my flat and I are both from the same area of north Kansai. Since she started to staying at me, we have shared many topics and food ( we are cake eaters). Especially since I took her to the run through for "The Vagina Monologues" in Osaka, our topics have become even more wide-ranged, from body hair to dialects. Her dialect and mine differ slightly, but she hadn't known that since today.
Today, while drinking tea at the kitchen, we talked about female immigrants and increasing international marriage and the following problems in Japan. There are many married couples who can't communicate with each other either in Japanese or other languages. Sometimes due to the lack of the Japanese language ability, children from those families miss the opportunities to enter a high school. It's a serious problem, because it means that they can't get a good job and after spending some years in Japan, they might also have missed the chance to go back to the other country where they have roots to get education.
I said to her that I want to be able to communicate with my partner at least in one of our native languages. If I have a Chinese partner, I would learn Chinese, and I expect the same to that person, to learn Japanese. I believe that we should respect both cultures and languages, and it's the same if it comes to a Japanese partner. I don't want to be disregarded my own dialect. She said to me that she wanted to talk about the expression from her dialect which people never understand.
私の家にホームステイしている生徒と私は、関西北部の同じ地方の出身です。ホームステイを始めてから、彼女と私はいろんな話題について話し合ったり、一緒に美味しいものを食べたりしてきました。私達はどちらもケーキが大好きです。特に、大阪で「ヴァギナ・モノローグス」の通し稽古を見学に連れて行ってからは、話題が広がりました。体毛の処理から方言まで、話題は多岐に渡ります。実は、彼女と私の方言はちょっとだけ異なるのですが、今日まで彼女はそれを知りませんでした。
今日、台所でお茶を飲みながら、私達は、日本に移住する外国人女性、増加する国際結婚とそれに伴う問題について話していました。日本語でも、そのほかどんな言語でも意思の疎通を図れない、国際結婚のカップルがたくさんいます。そういう家庭に育った子供は、しばしば、日本語能力の欠如のため、高校に入ることが出来ません。これは深刻な問題です。つまり、まともな仕事に就く機会も非常に少なくなります。そして、日本で数年暮らした後は、すでに、もう一方の国に戻って教育を受ける時期も過ぎてしまっていることもあります。
私が彼女に話したことは、私は自分のパートナーと、少なくとも、お互いの母国語のどちらかでコミュニケーション出来るようでいたいということです。もし、中国人の彼氏が出来たら、私は中国語を始めますし、相手にも同じことを求めます。相手にも日本語を学んで欲しいです。お互いがお互いの言語と文化を尊重すべきだと私は考えています。これは、日本人同士でも言えることで、私は、自分の方言を馬鹿にされることは我慢出来ません。すると、生徒は、今まで誰にも通じなかった、ある言葉について聞きたいと言いました。