The Vagina Monologues in Osaka part 3

  •  
  • 265
  • 2
  • 2
  • English 
Oct 29, 2018 00:19 thevaginamonologues
I once wrote a song text for the melody of "Greensleeves" to sing at a local festival before. I wrote it in Japanese. In English, it was like "Your love letters were all full of clichés, you kissed me in the way you learnt from another girl.". I had a funny experience just like these lyrics.
My ex-boyfriend insisted that he was trying to study Japanese, but I doubted. He wasn't able even to write hiragana after two year Japanese classes at university. So, I was astonished to hear his suddenly speaking one Japanese word. I think that he meant "pussy" with it. I already heard that he had had a Japanese girl friend before me, but still, I didn't feel good. I couldn't decide which to blame, him or that girl. Why did you learn Japanese in that order, "Ohayou(Good morning)", "Arigatou(Thank you)", and then, "Insert you in my XX"? That's all you could learn from your previous relationship? Even if he had been fluent in Japanese, using that word wouldn't have helped much with my....motivation?
The word is also used when men want to abuse women during sex. Maybe that girl learnt it from another guy, who was a Japanese person, and my ex-boyfriend learnt it from that girl, and he expected that the word would provoke me, another Japanese woman. However, he never expected my negative reaction, suddenly sat up on the bed and said with a serious face, "I should tell you now. I don't like that word. Please never say it again, okay?"
That was nothing but a comedy.
地元のイベントで歌うために、「グリーンスリーブス」のメロディで歌詞を書いたことがあります。
「あなたの言った愛の言葉 使い古しだった
 ほかの女の子から習った仕方でキスをした」
ちょうどこの歌詞みたいな、馬鹿馬鹿しい思い出があります。
昔の彼氏は、日本語を勉強していると主張していましたが、私は信じていませんでした。どうして、大学で2年も日本語を習っているのに、ひらがなも書けないんですか。だから、突然彼が日本語を喋った時、本当にびっくりしたのでした。
彼に、以前、日本人の彼女がいたことは聞いていました。それでも、いい気はしませんでした。どちらに腹を立てればいいのか分かりませんでした。何で、日本語を習うのに、その順番なんですか。しかも、そこで終わっているし!
「おはよう」
「ありがとう」
「XXXX」
百歩譲って、いや、一万歩譲って、彼の日本語がとても上手だったとしても、無理です。その言葉を聞いてしまったことで、非常に・・・冷めました。
それも、セックスの時、男が女を虐げる手段として使う言葉の一つです。多分、その日本人の女の子は、日本人の男からその言葉を覚えました。彼氏は、その日本人の女の子からその言葉を覚えました。そして、私も同じ日本人女性だから、その言葉を聞いて喜ぶ(?)と思ったのでしょう。だから、私の拒絶反応を全く予期していませんでした。私は即座に起き上がって、真顔で言い渡しました。
「あのね。言っとくけど、その言葉、嫌いなの。二度と使わないで。いい?」
笑い話でしかありません。