A Book Club for "The Left Hand of Darkness" Part 2 初めての読書会2

  •  
  • 228
  • 12
  • 2
  • English 
Jul 29, 2018 23:22 thelefthandofdarkness bookclub
The book club was expected to start at noon, but I was the only one that arrived at the place in time. I gave scones I baked at the previous night to the woman who offered her flat as a meeting place. She also baked a beautiful chocolate cake for vegans. I told her that my scones contained cow milk. This small cultural difference was interesting for me. In Japanese culture, we don't consider much of minorities: vegans, LGBT or foreigners in Japan. I'll bake something for vegan next time.
The participants began to arrive by twos and threes: most of them were women, and only one man. He said that that book was his favourite book in his whole life. A woman sitting next to me was a Japanese person. She looked older than me, because she had an older edition of the Japanese version of that book. The cover was familiar to me, but she bought it at least four years earlier than I did. I brought one, which has another design of cover. I love that book so much and I read it until it gets worn out that I continually buy another new one. I think that the book I brought there is the fourth one I have ever had.
https://www.instagram.com/p/BlzyI1tFJSW/?hl=ja&taken-by=hananoaki
読書会は正午に始まることになっていました。でも、時間通りに着いたのは私一人でした。私は、会合の場所を提供してくれた人に、前の晩に焼いたスコーンを渡しました。彼女もまた、美味しそうなチョコレートケーキを作っていました。それは、ヴィーガンのケーキでした。私は、スコーンに牛乳を使ったことを伝えました。このちょっとした文化の違いには考えさせられました。日本の文化では、ヴィーガン、LGBT、日本に住んでいる外国人など、マイノリティの人々に対してあまり配慮がありません。次回は、ヴィーガン用の何かを作っていこうと思います。
参加者が、三々五々やって来ました。ほとんどが女性で、男性は一人だけでした。その人は、「闇の左手」は、今までで一番好きな本だと言いました。私の隣の女性は日本人で、私より年上のようでした。彼女が持参した日本語の文庫本は、かなり昔の版でした。その表紙には見覚えがありましたが、彼女が買ったのは、私が買う少なくとも4年前のことです。私は別のデザインの表紙の文庫本を持参していました。私はこの本があまりにも好きで、ぼろぼろになるまで読むので、何度も買い直さないといけないのです。今回持参したのは、確か、4代目です。
https://www.instagram.com/p/BlzyI1tFJSW/?hl=ja&taken-by=hananoaki
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app