A friend asked me what kinds of things have become better or worse ...

  •  
  • 277
  • 4
  • 3
  • English 
Jul 20, 2016 03:08
A friend asked me what kinds of things have become better or worse in my life: "Manche Sachen werden besser, und manche Sachen werden schlechter."
He didn't know what he asked. I couldn't give him any answers. Too many, too big answers came into my head and sparkled like the subtitle of YouTube: "My whole life, I can't believe I am still living now. I can sing, I can dance, enjoy reading books, even study as much as I want (of course I can be lazy)!"
I can say that I'm totally happy now as an individual person, and as an adult. I don't need to be afraid of making someone else mad by doing those things I prefer. I still don't understand why some people never like to see a girl reading a book.
"Knowledge is power" then, they might not hope for her to get power and play a part in the world using her knowledge or skills.
"Shut down your mouth" people say so and punch a poor kid, but it happens not only in movies but also in reality. I don't want to be hit any more just because I read books, I study foreign languages, I look smart(That's ridiculous!).
友達が、人生でどんなことがよくなって、どんなことが悪くなったか、聞きました。ドイツ語ですから、簡単な文にしてくれました。友達は、自分が何を聞いたか分かっていませんでした。答えられませんでした。あまりにもたくさんの、大きすぎる答えが、字幕のように光って、頭に浮かびました。
「人生そのもの。今、こうして生きているのが信じられない。歌うことができる。踊ることもできる。本を読むことも、好きなだけ勉強することだって(もちろん、怠けたっていい)」
私は今、本当に幸せです。一個人として、大人として、生きているからです。好きなことをやって誰かを怒らせたりするのを恐れなくてもいいのです。私はまだ、女の子が本を読むのを嫌う類の人間が理解できません。
「知は力なり」
だとしたら、女の子がその力を得て、世界に貢献したりすることを望まないということでしょう。
「その口を閉じておけ」
と言って可哀相な子供が殴られる場面、あれは映画の中だけではなく、現実の世界にも起きていることです。私はもう、本を読むからといって、私が外国語を勉強したり、頭がよさそうに見えるからといって(あほらしい!)殴られるのはごめんです。