A Book Club for "The Left Hand of Darkness" Part 3 初めての読書会3

  •  
  • 232
  • 9
  • 2
  • English 
Jul 29, 2018 23:36 thelefthandofdarkness bookclub
The discussion started after the self-introducing. I'd never met so many book lovers at a time, so I felt a bit overwhelmed first, but gradually I felt at ease being among them. We had some things in common: book lover, a feminist.
I don't think that I could express how happy I was there.
There are some things that I won't dare to do under the Japanese culture:
Talking about feminism
Coming out that I'm a feminist
Discussing literature and anything else
Even at university, though I went to a women's university, I got to know that one should learn how not to discuss, especially what kinds of themes one must avoid.
I don't remember when I joined an enthusiastic discussion like this. It was totally a new experience.
When I was a school kid, reading this book in English was one of my dreams, but I never expected on me that I could talk about it with other readers in English. Sadly my English wasn't good enough to express all of my opinions, but I think I mostly followed the topics. It was such an inspiring experience.
自己紹介の後に、議論が始まりました。一度にこんなにたくさん、本好きの人と会ったことがなかったので、ちょっと気後れしました。でも、だんだん、そこにいてくつろぐのを感じました。私達には共通点がありました。本好きなこと、それからフェミニストであることです。
それがどんなに幸せな感じだったか、うまく言えません。
日本の文化で、してはいけないことがいくつかあります。
・フェミニズムについて話すこと
・自分がフェミニストだと言うこと
・文学や、その他何でも、議論すること
大学でも、私は女子大に行きましたが、議論を避けることを学ばなければならないということ、どんな話題は特に避けたほうがいいのかなど、叩きこまれました。
こんなに活発な議論に参加したことがあったかどうか、思い出せません。全く、新鮮な体験でした。
小学生の時、この本を英語で読むのが私の夢でした。でも、この本について、他の読者と英語で話せる日が来るなんて、夢にも思いませんでした。あいにく、私の英語はまだ下手で、思っていることを全て言えたわけではありませんが、ほとんどの論点についていくことが出来ました。刺激的な体験でした。