Some readers already know I am a Japanese teacher, bad at math, and...

  •  
  • 267
  • 5
  • 3
  • English 
Oct 20, 2018 23:37
Some readers already know I am a Japanese teacher, bad at math, and can't read maps. I don't mean I'm ignoring my weak points.
When I was studying at university, the Japanese department didn't want to accept so many students, so they gave those who wanted to major in Japanese literature and language an exam to screen out. I took that exam. One of the assignment was to draw a map of a fairground attraction by reading a short novel written by Yasunari Kawabata. The angle of the character is very unstable, because she is riding a horse, and the rider and the horse often change their direction circulating in the field. The professor said that you must be able to capture the right information by reading, and told us not to ignore math. I didn't think I drew a wrong map, but still, I wonder why I was accepted.
On more impressive lecture I was given was that you must always be careful what the author omitted, whether consciously or not. You must guess what should be written but wasn't written in the story, and wonder why. Because the character is too young, just a girl, ignorant, too proud, obstructed by their high/low social status? Does it indicate the author's ignorance, prejudiced views from their age, gender, their high/low social status, or so? And what's the effect of not being mentioned that in this story? I sometimes remember this lecture and try to figure out what the government, the media or people don't mention, or want to hide. I sometimes try to guess what my bosses or the people around me don't say in front of me. I find this lecture useful, but maybe that was not so impressive to all the students.
皆さんはもしかして、私が国語教師で、数学が苦手で、地図が読めないということをすでにご存じかもしれません。でも、私は自分の苦手なことをおろそかにしているつもりはありません。
私が大学に入った時、国語国文学科は、希望者が多すぎたので、ふるい落とすために試験を課しました。私もその試験を受けました。試験問題の一つが、川端康成の短編小説を読んで、そこに描写されている曲芸小屋の周辺の見取り図を描くというものでした。登場人物の視点は、分かりやすいとは言えませんでした。彼女は馬に乗っていて、馬と騎手は、しょっちゅう、馬場の中で向きを変えて走っていたからです。教授は、文章から正確な情報をつかむことが大切だと言い、決して数学を軽視してはいけないと戒めました。私は間違った見取り図を描いたりしていないと思いますが、でも、どうして自分が無事に学科に入れたのか、不思議でした。
もう一つ、印象的な教えがあります。それは、作者が、意図的にせよ、無意識にせよ、書かなかったことは何か、考えなさい、ということです。物語の中で書かれていないことは何か、常に意識しないといけません。そして、それは何故か、その人物が幼過ぎたせいか、女の子に過ぎないからか、無知だからか、もしくは社会的地位のせいでその事実を見落としてしまっているのか、そういうことを考えます。作者自身の無知、年齢や性別や社会的地位による偏見も影響していないか、それも考える必要があります。そして、書かれなかったことで、その物語にどういう効果を与えたかも考えます。時々、この教えを思い出します。そして、政府やメディアや世間の人々が触れていないこと、あるいは、わざと隠していることは何だろうと考えます。上司や周囲の人が言おうとしない事柄についても考えます。大学で学んだこの教えは、実生活でとても役に立っています。でも、ほかの学生がこれを覚えているかどうかは、分かりません。私だけが覚えていることかもしれません。