I'm staying in Nara right now.

  •  
  • 513
  • 10
  • 2
  • English 
Aug 20, 2016 23:30
I'm staying in Nara right now. I spent four years when I was in university, so I can relax staying in this old town. There were many places I wanted to see again, so when I arrived here in Friday afternoon, I rushed. I walked around the arcade and Nara Park, however, I didn't enjoy much. I felt like I didn't have enough time. It was not a rational idea. I thought that I needed something like exercise. I went up to a temple on a hill.
The sun had just set over the mountains. Many yellow lanterns were lit. Some people were sitting and enjoying the view from the terrace. The scene was beautiful like a dream. I took pictures. I sat there for a while, and checked the time on my walkman. I noticed a man looking at me. He had a big camera, but didn't take pictures, looked just enjoying the time there. I sat in a short distance from him. I tried to relax as he did.
The colour of the sky became darker. I was reminded of the stoty written by Natsume Souseki, in which a man was waiting for a hundred years, counting the sunset and sunrise. The summer breeze was humid but nice. I felt at ease eventually when the night fell. I was there for two hours.
Japanese version recording http://vocaroo.com/i/s1gGqq7UdV5z
今、奈良にいます。大学生の時、4年間住んでいたので、この街にいると落ち着きます。もう一度行きたい場所がたくさんあったので、金曜日の午後、着いた時、気がせいていました。商店街や奈良公園を歩いていても、そんなに楽しくないのです。時間がなさすぎると感じました。理屈に合わない考えでした。体を動かす必要があると思いました。山の上のお寺に上っていきました。
ちょうど日が沈んだところでした。たくさんの黄色い灯籠が灯されていました。何人か、そこに座って、高台からの眺めを楽しんでいました。夢のように美しい眺めでした。私は写真を撮りました。しばらくそこに座りました。ウォークマンで、時刻を確認しました。ひとりの男性が私を見ているのに気がつきました。大きなカメラを持っていましたが、写真を撮らずに、ただその時間を楽しんでいるようでした。その人から少し離れたところに座りました。その人みたいに、リラックスしようとしました。
空の色は暗く変わっていきました。夏目漱石の小説を思い出しました。その中で、男は、日が上り、また沈むのを数えながら、100年待つのです。夏の風は湿気を含んでいましたが、気持ちのよいものでした。夜が訪れた時、やっと、安らいだ気分になりました。そこに、2時間いました。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app