I attend a stretching class every four or six weeks.

  •  
  • 85
  • 3
  • 2
  • English 
May 17, 2019 23:40
I attend a stretching class every four or six weeks. The participants practice stretching, and contemporary dance as well. I like "contact improvisation", which is a dance in pairs. The two keep touching each other's body and move together without saying any words. I think that in my head it is always loud with the sound of words, so it's good for me to have a time trying to communicate with someone non-verbally.
Last weekend, our dance instructor suggested a different type of impromptu. I was paired with another regular participant. He held his right palm out near my face. I looked at it and followed it as he moved. As he changed the heights or angles of his hand, I turned. After the short impromptu, the dance instructor asked him for a comment. He answered: "I kind of felt that understanding the other is sometimes difficult, not impossible, but difficult. She didn't understand my instructions. When I wanted to let her go in a certain direction, she wouldn't go, never moved the way I had expected. I was trying to show her suggestions of easy ways, but she always wanted to do something different and harder. I thought, if you want to go in that direction, it is okay with me."
I burst into laughter. I've heard similar comments on me several times before, but without the part "If you want to go... I am okay". I was grateful to my kind dance partner.
I don't mean to be defiant, but when I don't understand what the other means, I just move freely as I want.
https://www.instagram.com/p/BUS1HgKhfeL/
https://www.instagram.com/p/BffF_MlHGgB/
何週間かに一度、ストレッチのクラスに行きます。そこでは、ストレッチ以外に、コンテンポラリー・ダンスもやります。私は「contact improvisation」が好きです。二人一組になってやります。お互いの体を接触させながら、同時に動くのですが、言葉を一切使わずにコミュニケーションを取ります。いつも私の頭の中には言葉が渦巻いているので、たまに、言葉を使わないコミュニケーションが出来る場があるのは本当に有難いことです。
先週末、ダンスの先生は、新しいimprovisationを試してみましょう、と提案しました。私は、もう一人の常連の参加者とペアになりました。Mさんと言います。Mさんは私の顔の前に右のてのひらを掲げました。私は彼のてのひらに集中しました。彼がてのひらを動かして、高さや角度を変えるたび、それについていきました。短いimprovisationの後で、先生は、
「Mさん、どうでしたか」
と聞きました。Mさんは答えました。
「うん、あのね、意外にコミュニケーションって難しいんだなって。全く通じない訳じゃないけれど、でも、難しい。真紀さんには僕の指示が伝わらないみたいだ。僕はこっちに誘導しているのに、真紀さんは絶対にそっちに行かない。僕の思った通りの動きはしない。僕は、こうしたら簡単ですよ・・・と思って、そう提案しているのに、真紀さんは必ず、別の難しいことをやりたがる。まあ、いいよ。真紀さんがそうしたいなら。そっちに行きたいんなら、いいよ。大丈夫、と僕は思った」
私は笑い出してしまいました。以前にも同じようなことを言われたことがあります。でも、「そっちに行きたいんならいいよ、行ってもいい。僕は大丈夫」というくだりは言われたことがなかったので、嬉しかったです。Mさん有難う、と思いました。
私は別にわざと反抗しているわけではないんです。ただ、相手の意図が分からない時は、好きに動いてしまうのです。