This morning I got the medical checkup for residents.

  •  
  • 348
  • 4
  • 1
  • English 
Jun 26, 2017 23:09
This morning I got the medical checkup for residents. I hadn't taken anything since last night, so I was starving in the morning. When I am hungry or tired or sleepy, I get nervous and it's difficult to control my fear. If I can eat before medical checkup, it would be easier for me and doctors.
I don't like medical checkup, especially a stomach examination and giving blood samples. I know it's very foolish, but I've declined stomach examinations for years. I can't swallow barium at all. That makes technologists always angry. I can't stand a gastroscopy without effective anethesia, either. However, I have a strong tolerance of most medicaments, so it also annoys doctors.
Today, I foolishly didn't declare beforehand that I might faint seeing blood. A competent-looks nurse quickly tied my left arm with a rubber band and pricked the big needle. I closed my eyes and started to breathe slowly. She cursed in her mouth and then talked to me with a gentle voice, "It is over soon. Don't worry."
After collecting blood samples, she asked me with a serious face, "You should have declared that you have fainted when you see blood or get an injection. I was worried!"
I was ashamed. I said I will do so next time. Sometimes I am ashamed of myself, because there are too many scary things for me in the world.
今朝、市民健診を受けました。昨夜から何も飲んだり食べたりしていないので、朝は本当におなかがすいていました。おなかがすいていたり、眠かったり、疲れていたりすると、私は神経質になって、恐怖を抑えるのが難しくなります。もし、健診の前に食べてもいいのなら、私にとっても医者にとっても、まだましだろうと思います。
私は健診が苦手です。特に、胃の検査と採血が苦手です。本当に馬鹿だと分かっているのですが、何年も胃の検査を断っています。私はバリウムが飲めこめないのです。技師に怒られ、罵られます。胃カメラも、適切な麻酔がないと受けることができません。ただ、私はたいていの薬品に対して高い耐性があるため、医者を困らせてしまいます。
今日、愚かなことに、私は、血を見ると倒れるかもしれないということを事前に申告しませんでした。有能そうな看護師がてきぱきと私の左腕にゴムバンドを巻いて、太い針をブスッと刺しました。私は目を閉じて、深呼吸をし始めました。看護師は口の中で何か罵ってから、私に優しい声で話しかけました。
「すぐ終わります。大丈夫ですよ」
採血が終わってから、彼女は真面目な顔で、
「血を見たり、注射をされたりすると倒れるんですって、ちゃんと言わなきゃ駄目ですよ。こっちが怖かったんですから!」
恥ずかしかったです。次はそうしますと約束しました。この世には本当に私が苦手なことが多すぎるので、よく恥ずかしい思いをします。