My German language partners have been curious how I feel experienci...

  •  
  • 137
  • 2
  • 2
  • English 
Apr 21, 2019 22:58
My German language partners have been curious how I feel experiencing the change of the era. I'm not a patriotic person who loves to buy the Imperial Family calendar every year and put the photos of royal wedding in a frame on the wall. Some people do that, a royal family photo frame next to a snap of Yuzuru Hanyu's performance, who is a popular figure skater.
The name of the new era was announced on the 1st of April. However, I was deadly busy and had hardly noticed that the historical day of Japan had come. If one of my language partners hadn't asked me what I would be doing on the moment of the announcement right before the day, I am sure I would have totally forgot it.
This time has been a bit new and different for me, even for a not so patriotic person. This month, one of my students stayed at my flat. She got into a German baking recipe book which had been given by the friend who mentioned the new era announcement. One night, we baked cookies following one of the recipes from that book for a school picnic. I had to admit that I was the person who made Heisei and Reiwa cookies.
https://www.instagram.com/p/BwCkzkVhLnK/
After I posted the photos on Instagram, I saw many similar giddy posts one after another with #平成から令和へ.
This weekend, I had fever, but I had to go to my parents' house where I left my old books, including some which I used at the seminar of 万葉集. The new era was named from an introduction of a poem series of this oldest poem collection book.
I am always grateful that I could study 万葉集 in Nara where that book was born. Since I went to university, I have learnt how good it is when you can walk on the same ground where the authors in the ancient times used to walk and see the same mountain ridge lines which they used to see. The old Japanese or old Chinese is not my major, but still, I am so delighted that 万葉集 was the source of the name of the new era.
I stubbornly decided that I would have to read that part on my own books, translate for myself and make teaching materials for my Japanese class. I didn't expect how delightful I would be feeling while I was translating that part. Tomorrow I will exhibit my books with a panel of an easy explanation at school.
ドイツ語の練習相手を務めてくれている友達は二人とも、私が新しい時代を迎えるにあたってどう感じているか、興味を持っています(興味津々、というほどでもないと思いますが)。私は、例えば、毎年皇室カレンダーを買ったり、皇室のご成婚時の写真を額に入れて壁に飾ったりするようなタイプの日本人ではありません。日本人の家では、時に、ロイヤル・ウェディングの写真の隣に、フィギュアスケーターの羽生弓弦選手の写真が貼ってあったりもします。
「令和」という新元号は、4月1日に発表されました。私はその頃、死ぬほど忙しかったので、日本の歴史的な日がやってきたことにほとんど気づく暇もありませんでした。友達の一人が、
「真紀さんは、4月1日の11時に何をしていますか」
と聞いた時も、意味が分からなくて、ぽかんとしたほどです。友達がそれを言ってくれなかったら、完璧に忘れて過ごしたかもしれません。
今回は、私のように、割とクールに構えている人間にとっても、少し感じが違うように思います。今月、生徒がうちにホームステイにやってきました。彼女は、「4月1日の11時」に言及した友達がくれた、ドイツのお菓子のレシピ本に夢中になっていました。ある夜、私達は、花見に持って行くために、そのレシピ本のレシピに従って、クッキーを焼きました。平成クッキーと令和クッキーを作ったのは私です。インスタグラムに投稿した後で、他の投稿も見ました。「#平成から令和へ」などのハッシュタグで、浮かれた投稿が続きました。
今週末、熱がありましたが、実家に帰りました。実家に置いている、大学のゼミで使った万葉集の本を見たかったからです。万葉集は、「令和」の元号の出典となった、日本最古の歌集です。
私は、万葉集が生まれた奈良で大学時代を過ごし、国文学を学んだことを、本当に良かったと思っています。大学で、当時の人々が歩いた同じ場所を歩き、彼らが見たであろう同じ山の稜線を見上げるといった体験が、より深い共感と理解に導いてくれるということを学びました。上代の文学は私の専門ではありませんが、それでも、新元号が万葉集から選ばれたことを、心から喜ばしく思っています。
とにかく、自分の本でその箇所を実際に読みたい、訳したい、国語の教材を作りたいという一念で、実家まで往復しました。そのページを開いて訳している間、自分がこれほど幸福な気持ちで満たされるとは思ってもみませんでした。明日、学校に、万葉集の本を何冊か、分かりやすい説明のパネルを添えて、学校に展示する予定です。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app