Today, when I was in a train bound for Kyoto, I noticed a man stand...

  •  
  • 107
  • 6
  • 3
  • English 
Sep 7, 2019 22:57
Today, when I was in a train bound for Kyoto, I noticed a man standing in front of me was sleeping. At that time I took the train at Himeji, there was few passengers, so I sat reading a book. Inside the train it was gradually becoming crowded, so he was not able to find a vacant seat. He was clinging to a strap with both hands and it functioned as a fulcrum. His body was swaying and even turning slowly like a dead body in a suspense fiction story. I hesitated to ask him saying like: "Hi, you seem deadly tired! You should have my seat!"
Is any guy pleased to be offered a seat in a train by a woman? In Japan, there is no such custom to give up seats to women. So, you may see that many tired face businessmen are sitting in a train whereas a pregnant woman is standing besides them. If our culture doesn't matter, he looked younger than me. Maybe in his thirties or twenties?
Eventually, I patted on his shoulder and said those words, but in a more polite way. He opened his eyes and blushed, seemingly embarrassed. He was kind of cute if he was not asleep. He said politely that he was afraid of sleeping over to the terminal station of this line when he sat. And thanked me with a more awake expression.
If it had been a novel I was reading then, he would have found me attractive and fallen for me. A wonderful love story would be to start. But in a real world where I live, nothing happened. I should admit I was also more tired than I thought, so I had such a silly daydream.
今日、京都に向かう電車の中で、前に立っている男性が寝ているのに気が付きました。姫路で乗った時には、車内はがらがらだったので、私は座って本を読みました。でも、だんだん混んできていたので、後から乗ったその人は空席が見つけられなかったようです。吊革に両手でつかまって、ちょうどそこを支点にして、彼の体はゆらゆら揺れていました。というか、緩やかに円を描いて回っていました。ちょうど、サスペンスに出てくる死体みたいに。
「お疲れみたいですね。どうぞ、ここに座ってください!」
と言おうとして、躊躇しました。
女性に電車で席を譲られて、喜ぶ男性はいないでしょう。日本では、女性に席を譲る習慣はありません。ですから、妊婦が立っているのに、疲れた顔のサラリーマンが座っているというような光景も見られます。日本の文化的に問題ないとしても、その人は私より若く見えました。多分、30代か20代でしょうか。
結局、私は彼の肩をぽんぽんと叩いて、
「座りますか。私はもうすぐ降ります」
と声をかけました。彼はぱっと目を開(ひら)きました。そして、真っ赤になりました。恥ずかしそうでした。起きている時の顔は、結構可愛い感じでした。彼は口ごもりながら、丁寧に、
「座ると、終着まで寝てしまうと思うんです」
と返事しました。ちょっと目が覚めたような感じで、お礼を言いました。
これが私が読んでいた小説だったら、彼は私に見とれてぼうっとなって、めくるめくラブストーリーが始まるのですが、あいにく現実世界では何も起こりませんでした。私もすごく疲れていたみたいです。だから、そういう馬鹿馬鹿しい妄想をしてしまったのかもしれません。