My friend writes manga.

  •  
  • 87
  • 4
  • 2
  • English 
Aug 17, 2019 23:26
My friend writes manga. Her manga is updated once a month, and this weekend the latest episode was released. I love her story. It is about the relationship between a man and a woman living the next door in an apartment house. Recently, he realised his feelings towards her, but now she is going out with another guy. In the latest episode, she goes to a museum for a date with that guy. She doesn't understand why he likes Gogh and feels awkward when he criticises those who have a sweet teeth. After the date, she tells to the next door guy how awkward it was, while eating an ice cream together.
I can relate to her feelings. With a stranger, wherever you go together, it might be to some degree uneasy. It may not be a good idea, if you are not interested in art but going to go to a museum with someone. And if you want to learn more about someone but are not yet familiar with them, things cannot go as you expected. You should at least choose activities you both two like to do. If your partner chooses a place you don't like and you cannot tell them, your relationship might not go well.
For me, personally there's another important requirement. I think I get along with people who understand I am a big eater and have a sweet teeth. If someone doesn't agree on going to a cafe, I would feel depressed. When I say "Let's go to a cafe" doesn't always mean "I want to chat with you" but "I am starving."
Not all my close friends are big eaters, but they know me very well on this point.

https://www.comico.jp/challenge/articleList.nhn?titleNo=23813
友達は漫画を描いています。彼女の漫画は月一回更新されます。今週末、新しいエピソードが出ました。私は彼女の漫画のファンです。同じアパートの隣同士に住む男女の話です。男性は、最近、彼女に対する自分の気持ちに気が付きました。でも彼女は今、別の人と付き合っています。最新話で、彼女は美術館でデートをします。ゴッホのどこがいいのかさっぱり分からないし、相手が甘いものが好きな人のことをけなしたので、ちょっと気まずい思いをします。デートの後で、隣に住んでいる男性と一緒にアイスクリームを食べながら、彼女は感想を言います。
この気まずさは、よく分かります。あまり知らない相手とだったら、どこに行こうが、ある程度は落ち着かないものです。アートに興味がないなら、美術館に行くというのはあまり良くないかもしれません。相手のことをもっとよく知りたい、でもまだあまり深くは知らない、そういう段階だったら、どういうふうになるか見当もつかないでしょう。せめて、二人とも好きだと分かっていることをやった方がいいです。相手が、自分のあまり興味のない場所を選んでもそれに対して何も言えないなら、二人の関係はうまくいかないかもしれません。
個人的に、私にはもう一つ、譲れない条件があります。仲良しの友達は大抵、私がよく食べるということ、甘党だということを理解してくれています。
「カフェに行きませんか」
と言っても相手が首を縦に振らなかったら、私は本当にしょげてしまいます。私の場合、「カフェに行きたい」は必ずしも「もっとお話ししたいです」という意味ではなく、単に「おなかがすいて死にそうです」ということが多いです。みんながみんな、食べるのが大好きというわけではないかもしれませんが、友達は、私がいつもおなかがすいているということを知っています。