At 8 p.m., inside the classroom was bright.

  •  
  • 410
  • 14
  • 3
  • English 
Aug 13, 2016 01:32
At 8 p.m., inside the classroom was bright. I was tutoring a student with English. Suddenly a cicada flew into the room. Someone opened the door. It flew around and made some girls shouted. It landed on the ceiling and then, started buzzing noisily.
I sighed and left my place. My student yelled at me, "A cicada can live only one week! Please save its small life!"
I would say that I had to save the peace in the classroom.
I arrived at the top of the bookcase. Unfortunately today I was wearing a skirt. Then all the students and the teachers were watching me. I'm tall, but the noisy insect on the ceiling was far above my head.
A mathematics teacher came to me and said, "I will do it instead of you." In a short moment, I dreamed of me replying like this: "Ah thanks, Mr. XX, this mission is too difficult for me! I really appreciate you!"
I'm sorry to say, but I am not such a kind of feminine types. I smiled at him and said, "Thank you, but I am not afraid of insects. I am okay!"
I declined his kind offer, however, I upgraded his evaluation in my head immediately. He is so nice and cute!
Finally I caught the cicada with my finger. The buzz was almost unbearable. I ran out of the building and released it.
As I came back to my place, I noticed that some of the students were impressed, not by my English knowledge, but the skill to catch insects and maybe also, my guts.
English version recording http://vocaroo.com/i/s0BShdtDBn91
Japanese version recording http://vocaroo.com/i/s1x8mlBYQFCy
午後8時、教室の中は明るかったです。私はひとりの生徒に英語を教えていました。急に、セミが部屋の中を飛びまわりました。誰かがドアを開けたのです。セミが飛ぶので、女の子たちが悲鳴をあげました。セミは天井にとまって、やかましく鳴きはじめました。
私はため息をついて、席を離れました。私の生徒が叫びました。
「セミは一週間しか生きられない! その小さな命を救ってやって、先生!」
私なら、教室の平和を守らなければならない、と言いたいところです。
本棚のてっぺんにたどり着きました。運悪く、今日はスカートをはいていました。生徒も教師もみんな、私に注目していました。私は背が高いですが、そのやかましいセミは私のはるか頭上にいました。
数学教師がひとり、走ってきて、言いました。
「僕、代わりにやりますよ」
ほんのつかのま、私は妄想しました。こんなふうに答えます。
「ああ、ありがとう、XX先生! この仕事は私には難しすぎます! 本当に感謝します」
残念ながら、私はそういう女性らしいタイプではありません。私はにっこり笑って言いました。
「ありがとうございます。でも私、虫は怖くないんです。大丈夫です」
その先生の親切な申し出を断りましたが、私は頭の中ですばやく、彼の評価を上方修正しました。親切だし、笑顔がキュートですよね!
とうとう、私は指でセミを押さえました。セミの鳴き声はほとんど耐えがたいほどでした。私は校舎の外に走っていって、放してやりました。
席に戻ると、何人かの生徒が私を尊敬の目で見ているのに気がつきました。英語の知識ではなくて、虫をつかまえる技術と、それから私の度胸ですね。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app