I'm a beginner level of knitter.

  •  
  • 265
  • 16
  • 5
  • English 
Sep 19, 2018 23:21
I'm a beginner level of knitter. Last weekend I joined a meeting of Meetup for knitters happening at a café near Daikokucho station in Osaka. The café served terrific cakes and tea in a good quality. There were seven participants there, including me. Three from the US and the rest were Japanese. Our group might have looked like a witches' assembly. Seven women quickly ordered one drink and one cake for each, took yarn out of our bags and started knitting. One woman was spinning yarn with a drop swindle standing by the table. We touched the others' yarn to learn the touch, asked where they bought it, what they were knitting, and how they would knit. I really enjoyed the conversation there. I was glad to find out that I had no difficulty to speak English while knitting. However, I should have been aware that I wasn't a skilled knitter yet. Suddenly my work in progress slipped from my hands and one needle dropped out of my piece. I gasped. I believe that I wasn't only one who shouted "Oh my God!" then. I was knitting a sock with five knitting needles. The organizer from the US told me that the way is called double pointed needle.
If I had been using a crochet, I wouldn't have been shocked at all. Because you can pull your crochet out of your unfinished piece without a worry to ruin it. Using knitting needles, you must be careful never to drop your needles. If you drop one, the knots of the top will be unraveled and fixing it is almost impossible, at least for a beginner. Fortunately, inside the café was light enough that I was able to fix it. The other participants celebrated me and recommended that I should use a circle needle. Circle needles are used when you knit a hoop such as socks, mittens or caps. I didn't have any, but I only knit those small stuff, so maybe I should follow their advice.
I'm not sure if some readers read my entry, in that I wrote: One of my biggest problems is shyness and I want to overcome it, so I would join a Meetup event. I meant this knitters café. I think that I wasn't shy there at all, was even seen a cheerful and sociable person. Gaining experience of success will help me. I'm thinking of attending the next meeting too.
https://www.instagram.com/p/BnyY6hQleQc/?hl=ja
私は、編み物が好きですが、すごく上手いというわけではありません。週末、Meetupの編み物クラブに参加しました。場所は、大阪の大国町の近くのカフェでした。そのカフェは、とても美味しいケーキと、素晴らしいお茶を出します。参加者は、私も含めて7人でした。3人がアメリカ人で、あとは日本人でした。私達のグループは、魔女の集会みたいに見えたかもしれません。7人の女達はさっさとお茶とケーキを注文して、かばんから毛糸玉を取り出し、編み始めました。1人は、テーブルの横に立って、ドロップスピンドル(すみません、日本語が分からない・・・)で糸を紡いでいました。私達は、ほかの人の毛糸の手触りを確かめたり、どこで買ったのか、何を編んでいるのか、どうやって編んでいるのか、質問し合いました。そういうやりとりが本当に楽しかったです。私は、編みながら会話出来るほど英語が上達しているのが分かって、嬉しかったです。でも、自分が編み物に関しては初心者だということを忘れるべきではありませんでした。不意に、編みかけの作品が手から滑り落ちて、棒針が1本抜けてしまいました。私は息を呑みました。
「Oh my God!」
と叫んだのは私だけではありませんでした。私は、5本の棒針を使って、靴下を編んでいました。主催者のアメリカ人の女性は、複数の棒針を使って輪を編むのは英語で「double pointed needle」と言うのだと教えてくれました。
かぎ針編みだったら、私は全く動揺しなかったでしょう。かぎ針編みは、針を抜いても、編みかけの作品がほどけてしまう恐れはありません。でも、棒針の場合は、決して針を落としてはいけません。もし針が抜けたら、最上段の目がほどけてしまい、修復するのはほぼ不可能です。少なくとも、初心者にとっては。幸い、店内は十分明かりがありました。私は修復に成功しました。ほかの参加者達は拍手して、
「おめでとう!」
と言ってくれました。そして、輪針を試すべき、と勧めました。輪針は、その名の通り、輪になっているもの、靴下やミトンや帽子を編むために使われる編み棒です。私は持っていませんが、考えると私はそういう小物しか編みません。輪針を試してみようと思います。
みなさんが、私が以前書いた、
「私の最大の問題は、シャイな性格です。直したい。Meetupのイベントに参加しようと思います」
という投稿を覚えていらっしゃるかどうか、分かりませんが、今回の編み物クラブがそのイベントでした。私はシャイどころではなくて、むしろ、明るくて社交的な人と思われたみたいです。成功体験を積み重ねるのが大事です。次回の編み物クラブにも参加しようかと考えています。
https://www.instagram.com/p/BnyY6hQleQc/?hl=ja
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app