韓国 ⑪

  •  
  • 55
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Apr 6, 2019 23:47
最近、李日載という俳優が癌で死亡した。この人はかつて, 私が中学生だったごろとてもはまっていた「将軍の息子」という映画でとても印象的だったので一層悲しい。かつて,日本帝国の治下でのソウルが背景にして作られたその映画で悪役とはいう、血も涙もない冷血漢みたいな親日派としてすはらしい演技力を見せた俳優だ。
特に自分を殺さなければならなくなった立場にいる幼なじみから戒めても「おれは金をもうけるなら朝鮮人でも倭人でもかまわない」といった台詞が思い出す。あんな人でも最後には味方に戻ってきて味方のために死ぬまで闘うというあらすじはそのごろ大人気だった香港映画と似にていて30回くらい映画館に行った記憶がある。