いろんな事 ⑲

  •  
  • 36
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Dec 14, 2019 06:30
韓国で人気があった番組の中で「アブノーマル会談」というのがあった。
その中で特に印象的だったのが過去の支配国と植民地国の人が出演して、話し合う企画だった。支配国側には日本、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、イタリアが、そして植民地国側には中国、インド、リビア、メキシコ、ギニアの人が出演した。
もちろん韓国の番組だから韓国は植民地国側に含まれるわけだ。
話し合いが初めてから支配国側は自分の国が植民地国を近代化させてくれたとか言って、植民地国側は憤った。それで植民地国側が「それはただ自分の国のためだっただろう」と怒鳴り付けると支配国側は追いつめて、だんだん声が小さくなり「すみません」を連発した。最後はお互いに努力して行かなければならないと釘を刺して番組は終わった。日本代表として出演していた扇仁志さんは終始反省するような顔で、「私が日本を代表してお詫びいたします」と言って韓国の視聴者から拍手を浴びた。




&t=98s