クリスチャンではないクリスマス

  •  
  • 484
  • 9
  • 4
  • Japanese 
May 3, 2017 00:31 クリスマス
アメリカでは、多くの無宗教な人がクリスマスなどの休日が好きです。僕の家族はあんまりクリスチャンではありませんが、クリスマスの頃にプレゼントを交換しています。実を言うと、クリスマスは必ずしも以前からずっとキリスト教的だった訳ではありません。

クリスマスの原因は古代ローマのサートゥルナーリア祭という休日に関係があります。キリスト教はヨーロッパで人気になる時、色々な要素がサートゥルナーリア祭から取られてクリスマスに付けられました。例えば、リーズを飾るという事、そして赤と緑の飾りをつけるという事。そうすると、その休日がクリスチャンの休日になりました。現在、クリスチャンの休日であることから無宗教な休日になっているそうです。

クリスマスはユールという多神教の祭りにも関係があります。クリスマスツリーがユールの伝統に由来します。ユールとサートゥルナーリとも冬の頃に祝われました、12月末頃に。
Non-Christian Christmas

In America, a lot of secular people like holidays like Christmas. My family isn't particularly Christian, but we exchange gifts around Christmas time. In fact, Christmas was not always Christian.

Christmas' origins are related to an ancient Roman holiday called Saturnalia. When Christianity became popular in Europe, various elements were taken from Saturnalia and applied to Christmas. For example, the decoration of wreaths, and the use of red and green decorations. That being so, the holiday became Christian. Currently, it seems that the holiday is going from being Christian to becoming secular.

Christmas is also related to a polytheistic festival called Yule. Christmas trees originate from the tradition of Yule. Yule and Saturnalia were both celebrated in winter time, around the end of December.