ファッションは自由 /Fashion is freedom

  •  
  • 300
  • 2
  • 1
  • English 
Jun 26, 2018 07:12 blog japanese japan life tokyo English translation london diary Japan japanesearticle
I guess Japanese people's fashion is different from other nations. the most iconic thing of Japanese fashion style is 'fringe'. Most of the Japanese youth have a fringe (bangs) and hiding their forehead completely. I had a fringe when I was a teenager.

私は日本人のファッションは他の人種に比べ違っていると思う。一番特徴的な日本のファッションは「前髪」だ。大体の日本人の若者は前髪があって、おでこを完璧に隠している。私も10代の頃は前髪があった。

People care about their fashion a lot, sometimes a bit too much. Some people really care whether they look bad or not. Basically, people don't want to be bizarre. In Japanese, we use '浮いている(uiteiru)”=(*Literally means floating, but it also uses for people or things which doesn't fit into an environment or situation. ) very much. I don't like this word but it is very common.

人々は自分のファッションをとても気にする。たまにそれは少しやりすぎなくらいだ。いくらかの人々は自分たちが見た目が大丈夫か、大丈夫じゃないかとても気にする。基本的に、人々は奇抜になりたがらない。日本語で「浮いている」という言葉をよく使う。私はこの言葉が好きじゃないけれどとてもよく使う言葉だ。

For example, if a person wears T-shirts in winter, people will gossip about the person. I guess Japanese people are quite suspicious about people who are not the same as them.

例えば、ある人がTシャツを冬に来ていたら、人々はその人のことを噂し始めると思う。私は日本人は自分たちと同じじゃない人にたいしてとても疑い深いと思う。

We like to be the same. People subconsciously believe the same is a relief. So they subconsciously obey the unseen rule in Japanese society. They don't want to accept different kinds, those make them feel unsure because they have never thought that how to be different. 

私たちは同じでいることが好き。人々は同じであることは安心であると信じている。だから彼らは日本社会の、見えないルールに知らず知らずのうちに従っている。彼らは別の種類を認めたくない、だってそれらは彼らは、どうやって違って行くか ということを考えたことがないから、不安になるからだ。

Also, Japanese fashion has 'templates' that people have to follow if they want to be 'looking good'.  For example, if I want to be an 'attractive woman' in Japan, probably I have to have a fringe and girly & pinky makeup, and also a feminine skirt and have to avoid an intense colour (Black, Red etc). Because people believe it is 'attractively feminine'!

しかも、日本のファッションには、人々がもし「イケてる」人になりたいならフォローしなきゃいけない、「テンプレート」がある。例えば、もし私が日本で「モテる女子」になりたいなら、私は多分前髪と、女子っぽいピンク色のメイク、それから女子っぽいスカートを履いて、強い色(黒とか赤とか)を避けなければいけないと思う。だってそれが「モテ女スタイル」と信じているから。

I guess our fashion has a big difference between gender. probably some people want to make themselves to be sure that they're masculine or feminine by their fashion.

多分私たちのファッションは性別によってすごい違いがある。多分幾らかの人はファッションによって、自分たちを男らしく、もしくは女らしくさせようとしてるんだろうと思う。

I guess my appearance has changed a lot from 10 years ago. I have tried many fashion style especially when I was in uni. 

私の見た目は10年前からずいぶん変わった。私はたくさんのファッションのスタイルを試してきた。特に大学にいた時はすごかった。

When I was a high-school student, I wasn't sure what my identity is. I tried to be the same as others and tried to be girly. because it was our 'justice'. I hated to wear a uniform, to be honest. I felt like it forced me to be 'girl'.

私が高校生だった時、私は自分のアイデンティティがわからなかった。私は他の人と同じように、そして女の子らしくいようと頑張った。なぜならそれが私たちの「正義」だったから。正直言って私は制服を着るのは好きじゃなかった。それは私に「女子」でいることを強いているみたいだった。

But I had to pretend to be girly. Because others cared a lot and they sometimes even criticised me directly. 

でも私は女子らしく振る舞った。だって他の人々はとても気にするし、彼らはたまに私に直接文句を行ってくることさえあった。

So I put up for 6 years, but I couldn't make myself naturally 'girly' at all even though I pretended for so long. Therefore when I was 18 (before I enrol at uni), I have decided that I show true myself to the public, and throw my fake girly style away with a uniform.

私は6年間我慢した。だけどいくら長く我慢しても、私は自然に「女子らしく」なることは全くできなかった。だから私が18の時(大学に行く前)私は本当の自分を周囲に見せつけて、制服と一緒に私の偽物の女子としての姿を捨てようと思っていた。

Literally, when I enrolled in university, I was just so crazy. I was wearing very flamboyant clothing and had a blight brown hair. Every month I changed a hairstyle & hair colour and my fashion. I guess I was just exploring myself that what is my truth.

実際、私が大学に入学した時は、私は本当に頭がおかしかった。私はとても激しい色の服を来て、明るい茶髪にしていた。毎月髪型や髪色・ファッションを変えていた。私は多分自分の本当の姿を探していたんだと思う。

However, afterwards, I became settled down. I met many good friends in uni and noticed that I don't have to force myself to 'show' my identity by fashion. Maybe I was still caring about others when I was exploring my fashion. I can wear whatever I want to wear, doesn't matter if someone says it is bizarre. I noticed and that makes me honest and even my fashion becomes natural.

でも、その後私はだんだん落ち着いた。私はたくさんの素敵な友達に大学で出会い、私は自分の個性をファッションで周囲に、「見せつける」必要なんてないんだということに気づいた。多分私が自分のファッションを探し求めていた時、他の人のことをまだ気にしていたんだと思う。私が着たいものを着て、誰が「奇妙」と言ってきたっていいじゃないか。私はそれに気づいて、正直になったし自分のファッションも自然になった。

So since then, I decided that I don't care anything that people say to me about my fashion. I just wanted to be natural, and be free. 

だからその時から、私は人々が私のファッションに対して言うどんなことも気にならなくなった。私はただ自然に、自由に居たかった。

Maybe my fashion has been changed since I came to the UK as well. I guess some people will say like 'you've changed like a British person!' if I went back to Japan. But, I don't care. I really like my style now and I believe my style is a result of my experiences. It is true I live in the UK, and also I'm Japanese. all experiences make my fashion changing. And from now on my fashion will change for sure.

たぶんイギリスに来てからまた私のファッションは変わったと思う。多分日本に帰ったら、幾らかの人は私に「イギリス人みたいになっちゃったね」とか言ってくるかもしれない。でも、気にしない。私は自分の今のスタイルが好きだし、私のスタイルは私の経験の結果だと思っている。私がイギリスに住んでいるのも、日本人なのも事実。全ての経験は私のファッションを変えていく。そして今からも私のファッションは確実に変わっていく。

I think it was great that my bachelor's degree has a fashion course. I had some good friends who were specialising in fashion design and I inspired by them a lot. I learned how to choose a suitable clothing for me from them.

自分の学部にファッションコースがあったのはいいことだったと思う。私はファッションデザインをしている友達ができて、私は彼らからすごくたくさん影響を受けた。私は彼らから、どうやって自分にあった服を選ぶべきかを学んだ。

 I guess being bizarre isn't bad. I love to be different from others if it suits me. I don't need a template. I don't need any sexual identification on my fashion. Whatever I like to wear is my fashion style and anyone can't criticise my fashion. Because fashion is freedom!!

奇妙でいることは悪いことじゃない。私はそれが私に合っているなら、人と違っていたい。私にはテンプレートはいらない。私のファッションに性別の証明はいらない。私が着たいものが私のスタイルで、誰も私の服装を批判など出来ない。なぜならファッションは自由だから。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app