Isle of Dogs Review

  •  
  • 182
  • 3
  • 0
  • English 
May 24, 2018 12:15 review japaneseculture london isleofdogs english japanese English education sexualorientation japan
Isle of Dogs is a film which released in March 2018, A director is Wes Anderson who is a famous film director in the UK. He has been making very individual and aesthetic films, previously he made a stop-motion film called Fantastic Mr Fox. And Isle of Dogs is his second stop-motion film.

「犬ヶ島」は2018年3月にリリースされた映画。監督は、イギリスの有名な監督、ウェス・アンダーソン。彼は美しく個性的な映画を作り続けています。彼は以前、ファンタスティック・Mr Foxというストップモーション映画を作りましたが、「犬ヶ島」彼の二番目のストップモーション映画作品となります。



When I saw its advert in a cinema, I was thinking:  'Oh, it looks strange, but maybe about Japan... then, let's have a look!' I was doubting is it worth seeing or not before I watch the film because I basically don't really like 'Japanese-themed' films. In terms of cultural authenticity, most of them are not authentic, and it is barely a mixed culture of Japan and China. For instance, Last Samurai, Kill Bill, Sayuri etc... I guess some of them are made on purpose, but not always. It is sometimes controversial, some people argue that it is very western-self-indulgent orientalism and those things don't have respect for Asian cultures. 

映画館で広告を観た時、私は「なんか奇妙な感じ…でもたぶん日本についての映画だ、それならちょっと観てみようか」という感じだった。私は映画を見る前、これが見る価値があるかどうか疑っていた。なぜなら私はあんまり「日本テーマの」映画というものが好きではないから。文化の真実性について、だいたいのものが偽物であり、だいたいが日本と中国の混ぜ合わせ文化みたいな感じである。例えば、ラストサムライとか、キルビルとか、SAYURIとか…たぶん幾らかの作品はそれをもともと計画として作られたのかもしれないが、いつもではない。たまにちょっと問題視されることもあり、ある人々はこういった行為はとても西洋の独断と偏見による東洋っぽさであり、そういったものはアジアの文化への敬意が無いと、訴えている。

Well, I suppose so. I completely understand that for some western people, it doesn't matter whether it is authentic or not. Everyone will love those stuff as long as those films are narratively interesting or entertaining people. And I assume that authenticity is not always making films interesting. To be submissive to authenticity is quite boring, to be honest.

まあ、そうだと思う。私は幾らかの西洋の人々にとって、それが真実性があるかどうかなんていうのはどうでもいいのだということは完全に理解できる。そういった映画が内容的に面白かったり、人々を楽しくさせるかぎりは皆そういう作品も好きになると思う。それから、真実性がいつも映画を面白くさせるとは限らないことも私はわかっている。はっきり言って、真実性に従順すぎることは、とてもつまらない。

Although, I think we need references, and passion to understand different cultures when we make arts or stories. Making new things regarding 'authentic' references are always beneficial for creativity,  that's what I believe when I make my own art.

でも、参考文献と、違う文化をわかろうとする情熱が、私たちが芸術や物語を作る時には必要だと思う。「真実性のある」参考文献に関連して新しいものを作ることは、いつもクリエイティビティに利益を与えると、それが私がいつも自分のアートを作る時に信じていることだ。

Apologies for the long introduction. Let's talk about the film. So regarding those points which I explained in the introduction, Isle of Dogs is the best film that represents Japanese culture and atmosphere with not only authentic references but also Wes Anderson's own individual world.

長い前置きになってしまって申し訳ない。映画についてお話しします。さて、前置きで私が話したことに関して、「犬ヶ島」は日本の文化と雰囲気を、ただ参考文献に沿うだけでなく、ウェスアンダーソンの独自の世界とともに表現した最高の映画だと思う。

I think for any artists, and designers all over the world, representing Japanese culture is quite a difficult task to achieve a good result. I have also been exploring how to represent Japanese culture in a good way, but so far I am still not sure. From other artists' production, the only thing I found amazing was 'Ghibli's film. Ghibli is always following authentic references and creates its own world. But let's say 'Your Name' isn't really impressive for me. Well, it is very beautiful in a technical way, but I wasn't sure why its director made sceneries in Japan too beautiful but it's all dirty in reality. I'd rather say it was better if it actually filmed in reality.

どんな世界中のアーティスト・デザイナーにとっても、日本の文化を表現し、いい結果を得ることはとても難しい課題であると思う。私もずっとどうやって日本の文化を良い方法で表現できるかと、探し続けてきたが、今の時点ではまだ分からないままだ。他のアーティストの作品から、私が一つだけ見つけた素晴らしい作品は「ジブリ」の映画だ。ジブリはいつも信憑性のある参考文献に沿い、ジブリの独特の世界観を作る。しかし、例えば「君の名は」なんかは全然自分にとっては感動しなかった。まあ、技術的には綺麗なのだが、なぜ監督は現実では汚い情景を綺麗に描こうと思ったのかはよくわからない。たぶん現実に撮影したほうがむしろ、よかったんじゃ無いかなと思う。

But, Wes Anderson created an amazingly individual world with quoting Japanese culture. I loved it how futuristic Japanese culture and 40-50's Japanese culture has been mixed up in a world of the film. I could see that Wes Anderson had an inspiration from old films in Japan such as Akira Kurosawa's films. Also, even though all representations of Japanese culture are inspired by kinds of stereotypical Japanese culture, he didn't put any 'superficial' elements in the film. For example, I was told that many western people love 'Ninja' 'Samurai' 'Geisha'...But as you know, in Japan now, those things are not really existing in our life, except Geisha in sightseeing places. I could easily figure out why Wes Anderson didn't use those kinds of Japanese stuff. It is simply because those things make the world 'non-realistic'. Even though he created his own world, he still keeps 'reality' in his world. Therefore it seemed authentic in a way, but sometimes quite fantastic.

でも、ウェスアンダーソンは素晴らしく独特な世界観を日本文化の引用とともに作り上げた。その映画の世界の中で、未来的な日本と40-50年代の日本が混ぜ合わさった雰囲気がとても好きだった。私はウェス・アンダーソンが黒澤明のような、古い映画にインスピレーションを得ているのがわかった。それから、たとえ全ての日本文化の表現がステレオタイプの日本文化だったとしても、彼は「表層的な」要素は映画には入れなかった。例えば、私はたくさんの西洋の人々は「忍者」や「サムライ」、「芸者」などが好きだと聞いたことがある。でも、ご存知の通り、今の日本ではそんなものは存在していない。観光地の芸者くらいだろう。私はなぜウェスアンダーソンがそういった類の日本のものを使わなかったのか簡単にわかる。それは単純に、そういったものが世界観を「現実的じゃなくする」からだ。彼は彼の世界観を作り上げたが、彼は彼の世界の中に、「現実」を留めさせている。だからこの映画はある意味では真実性があるように見え、しかし一方では空想的であるように見せたのだ。

Also, I was quite curious to listen to dubs.  Because at a beginning of the film, it showed us a description: ' All characters speak their own languages, and dogs' language will interpret into English.' So that Japanese characters speak Japanese all the time,  and sometimes it interpreted by an interpreter(*one of the characters in the story) . But if the Japanese character is talking with other Japanese characters, it isn't interpreted and it doesn't even have a subtitle on screen.

それから、私はセリフを聞くのがとても楽しかった。なぜなら映画の最初に、こんな但書が映し出された。「全てのキャラクターは自分の言語で話、犬語は英語に翻訳されます」

だから、日本人のキャラクターはいつも日本語で喋り、たまに翻訳者というキャラクターが翻訳した。でも、日本のキャラクターが他の日本のキャラクターと話す時、それは通訳されないし、字幕も流されなかった。

As a native Japanese and an English speaker, I can understand both languages so nothing is unclear. But I was wondering what other people who can't speak Japanese were thinking of those kinds of scenes which the characters speak only Japanese. Those are possibly very mysterious scenes for them I suppose. It was quite a daring way, but it is also making the world more attractive, and also enhancing the cultural authenticity as well.

ネイティブの日本人・そして英語を話す身として、私は二つの言語がわかるので、何も不明瞭な部分はなかった。でも私はキャラクターが日本語だけで喋るようなシーンで、日本語を喋らない人たちはどう思ったのだろうと思った。彼らにとって、とても不思議なしーんだったのではないだろうか。この方法はとても斬新だが、世界観をさらに魅力的にする上、文化的な真実性も助長している。

I assume the reason why I thought this film is great is because of those balance between authenticity and individuality. Again, Wes Anderson researched many detailed things about Japanese culture, and also maybe in terms of our manners, and traditions. That made a foundation of the film and furthermore, he built up his own aesthetic world on it.

私は私がこの映画が素晴らしいと思った理由はこういった、真実性と独自性のバランスの良さにある。もう一度になるが、ウェスアンダーソンはとても詳細な日本の文化や、マナーや習慣について調べている。それはこの映画の土台となり、さらに、彼は彼の華麗な世界をその上に立ち上げたのだろう。