The Tale of the Princess Kaguya [REVIEW]

  •  
  • 121
  • 1
  • 0
  • English 
May 24, 2018 10:06 film review ghibli art English english japanese london japaneseculture
The Tale of the Princess Kaguya is one of Ghibli's films which released in 2013, A director is Isao Takahata who has recently passed away on April 5, 2018.

「かぐや姫の物語」はジブリ作品の一つで、2013年に公開されました。監督は2018年4月5日に亡くなられた高畑勲氏です。

It is a shame that I hadn't watched it yet from the time it released to now, because of no reason. I am a huge fan of Ghibli basically so I wonder why I hadn't seen it yet. 

公開された時期からなんの理由もなく見ていなかったのは、ちょっと恥ずかしいです。私は基本的にジブリのファンなので、なんで今まで見ていなかったのか不思議です。

Anyway, let me describe the story.  First of all, the story is basically quite a famous fairy tale in Japan, I presume more than 90 % of native Japanese people know this story since they were young. I don't even remember when I exactly heard this story for the first time. Mr Takahata made this script from this famous fairy tale. An outline of the story is almost the same as the original. However, he added "mentally" sensitive scenes which represent Princess Kaguya's emotion. 

それはともかく、少し物語の話をします。まあ言わずもがなとは思いますが、かぐや姫は日本でかなり有名なおとぎ話ですよね。9割以上の日本人が小さい頃から知っていると思います。私はいつこの話を最初に聞いたのかさえ覚えてないです。高畑氏は、このとても有名な物語から脚本を製作しました。話の大筋は原作と大きくは変わりませんが、彼はそこに、かぐや姫の感情を表現する「精神的に」繊細なシーンを追加しました。

I was moved sometimes because I could sympathise her situation, and what she felt. I could find out that Mr Takahata put many representations regarding sexism in Japan. Those weren't directly complaining about problems these days, but I guess those representations question us; What about women right in Japan now?

私は彼女、かぐや姫の状態や気持ちに共感でき、とても心を動かされました。私は高畑氏が、日本における女性差別に関する多様な表現をしていることを探し出すことができました。それらは、昨今の問題を直に批判しているわけではありませんでしたが、でもそれらの表現が私たちに「今の日本の女性たちの権利はどうなのか?」ということを問いかけているようにも感じました。

Also, this story is telling 'crucial pain' in our life. I assume it is the main theme of the film. Mr Takahata decided a catchphrase of the film by himself: 'A Princess' Crime and Punishment'. 

それから、この物語は私たちの人生の「残酷な痛み」について説明しています。私はこれこそが、この映画の主題であると確信しています。高畑氏は自分自身でこの映画のキャッチコピーを考えました。

「姫の犯した罪と罰」

As you can see... the first impression of the film itself has a very different atmosphere compared to the catchphrase. But once when I finished watching it, I actually noticed what the 'Punishment' was. I wouldn't talk about the story itself, so I keep my words abstracted. In the end, I thought 'Punishment' was about everything in our life. Because life is not always easy. Everyone, well let's say most of the people experience a tough time at least once in our life. Also, as long as we live, we experience many sorrow, anger, pain etc... Sometimes it is hard to resist because it happens because of no reason, and can't be sorted out by ourselves because those are sometimes strongly related to society or a situation of life which can't be changed so easily. we need to take time to the things will be changed, but people who are living now have to put up the situation anyway.

見てわかるように、映画の印象はキャッチコピーと比べるとずいぶん違った雰囲気を持っています。でも一度観終わると、私は一体何が「罰」だったのかがわかりました。私は物語自体についてはお話ししませんので、言葉を抽象的な状態で書きます。最終的に、私は「罰」とは私たちの人生の全てのことだと思いました。なぜなら人生はいつも簡単とは限りません。皆、ほとんどの人々が人生に一度は辛い時期を経験するのではないでしょうか。それに、生きている限りは、私たちはたくさんの悲しみ、怒り、痛みなどを経験します。時にはそれは抵抗するのは難しいものでもあります、それは突然になんの理由もなしに起こり、さらに時々、それらはなかなか変わり辛い社会や、人生の状況に強く由来しているので、私たち自身で解決することさえも、難しい時もあります。私たちはそういったことが変わっていくまで、時間をかけなければならないですが、今を生きている人々にとっては、その状況を我慢するよりほかありません。



Princess Kaguya has suffered many crucial things while she was in that world, but she also knew that is how people's life meant to be. We can't live without those 'drama' in our life. So I actually noticed, the 'punishment' can be a 'pleasure' for not only Princess Kaguya and also everyone. But the question is, how many of people on the earth can notice this is 'pleasure' in our life?...

It would be a spoiler if I talked about the film more, so if you're interested in the film, then you should watch it with your own eyes. It won't be waste of time!

かぐや姫はその世界にいた時、たくさんの残酷なことに遭いましたが、彼女はそれが人の人生のあるべき姿だということも知っていました。 私たちはそれらの「ドラマ」なしに、生きていくことはできないのです。だから、かぐや姫だけでなく、全ての人にとって「罰」は「喜び」となりえるのではと気づきました。しかしそこで疑問としてあがるのは、一体どれだけの人がそれを人生の「喜び」として気づけるのか?ということなのです。

これ以上深くお話しすると、ネタバレになってしまいそうなので、是非自分の目で観てください。見る価値大です。

R.I.P. Mr Isao Takahata.

高畑勲監督、安らかにお眠りください。