From 2016 to 2017, I was a student in London.

  •  
  • 207
  • 2
  • 1
  • English 
May 27, 2018 18:58 education japan london English japaneseculture english japaneseculture art film japanese Japan IELTS
From 2016 to 2017, I was a student in London. I came to the UK in May 2016. From then to August 2016, I studied at a language school for 3 months to raise my IELTS (*English level qualification) score up. Afterwards, I started my study in master's degree from October 2016, until September 2017.

2016年から2017年の間、私はロンドンで学生をしていました。私は2016年の5月にイギリスに来て、その時から2016年の8月まで、3ヶ月間 IELTS(イギリスの公式の英語能力認定試験です)のスコアを上げるために語学学校で勉強しました。そのあと、2016年10月から2019年の間、私は大学院で勉強を始めました。



Since I was 19, I started to think to study abroad and when I was 20, I started to prepare for it.

19歳の時から、留学がしてみたいと思い始め、20歳の時に留学の準備を始めました。

When the idea came up to mind, I immediately made an action to find out where I want to live and study. I decided to focus on countries where are Native English-speaking countries because I had always been wanted to speak English.

その考えが私の頭に浮かんだ時、私は自分がどこに住み、勉強がしたいかを探し出すための行動をすぐに始めました。私はいつも英語が喋れるようになりたかったので、英語を喋る国がいいと決めました。

Then, I began to think of my study. I was studying in an art college in Tokyo at that time and I specialised Theatre design. Of course, I really love theatre design and to be a theatre designer is my dream. That is why my significant purpose of study in a foreign country was to see their arts and designs.

そのあと、自分の自分の勉強について考え始めました。私はその当時、東京の美術大学で、舞台美術を専攻していました。もちろん、私は舞台美術が大好きで、舞台デザイナーになることは私の夢です。だから、私の重要な外国留学の目的は、その土地の芸術やデザインを見ることでした。



Those make my decision quite concrete. 'Native English-speaking countries with a developed environment of art and design...' In my thought, there were two choices. which were The United Kingdom, or The United States.

そういったものは、私の決断をかなり確固なものにしました。「英語を使う国で、発展した芸術やデザインの環境」…私の頭の中には、二つの選択肢がありました。それはイギリスと、アメリカでした。

However, even though I had two concrete choices, I couldn't decide by myself because I only had too broad knowledge about those countries, and I hadn't even been there yet.

しかし、たとえ二つの確固な選択肢があっても、私は自分自身で決めることができませんでした。なぜなら、私はその二つの国について、とてもぼやけた知識しかなく、しかもその国々にさえいったことがありませんでした。

So, I decided to go those two countries as a tourist and try to figure out which is better for me. when I was 20, I visited New York for a couple of weeks, and when I was 21, I visited London for a week.

だから、私は観光客としてその二つの国に行ってみて、どちらがいいかを探し出すことにしました。20歳の時、2週間ニューヨークに行き、21歳の時、一週間ロンドンに行った。

Even as a tourist, those experiences changed my impression of those countries, and also made me motivated.

観光客としてでも、それらの経験は私のその二つの国の印象を変え、モチベーションを与えてくれました。

From my experiences, I thought New York is a quite good place to see fascinating theatre plays, and shows. Although I also felt the town itself was not so impressive, somehow I felt New York is quite similar to Tokyo. Also, I felt very insecure about staying in New York with no fluency in English.

私の経験からすると、ニューヨークは、素晴らしい舞台やショーを見るのにとても素晴らしい場所だった。でも街そのものはそこまで感動的とは思えなかった。なぜだか、私はニューヨークは東京に似ていると思った。それから、英語が流暢でなくて、ニューヨークに留まることはとても安全でないと感じた。

However, in term of the experience in London, I thought the city is very different but people are not too different from Japan. I was told that people in London are cold and careless but what I felt in reality, was completely different. Most of the people are nice to foreigners, even if they can't speak English. I'd rather thought people in Japan (maybe in Tokyo) are colder than them.

でも、ロンドンでの経験では、日本と比べてロンドンの街はとても違うが、人々はそんなに違わないと感じた。大体の人々はたとえ英語が喋れない外国人に対しても親切だった。私は日本の人々(多分東京で)の方がもっと冷たいと思った。

I also noticed myself that I was not good at listening to an American accent at that time. Although I felt much easier when I listened to a British accent. I think it is not only because of the differences between an American accent and British accent. I think that speed is also important. From what I felt, American people speak faster than British people. I know it really depends on personality though.

それから私自身気づいたこととしては、当時私はアメリカの発音を聞くのが得意ではなかった。でもイギリスの発音を聞いた時、とても簡単なように感じた。私はそれは発音の違いの理由だけではないと思う。多分速度はとても大事で、私が感じたのは、アメリカ人はイギリス人よりも早口だ。まあ、とても個性によることだとは思うけど。

From that experiences, I thought, it would be better if I could study English in the UK. But at the same time, I made my dream that is I live in the United States in the future, when I became fluent in English.

その経験から、私はイギリスで英語が勉強できたらもっと良いだろうと思った。でも同時に自分の英語が流暢になったら、アメリカに住むという夢を作った。

I also thought that in terms of my study for art, I preferred to study in the UK as well. I had a strong obsession with western culture and art since I was young. However, my knowledge wasn't enough and even though I studied it by myself in Japan, I couldn't satisfy with it. Therefore, I wanted to know histories and roots of Western culture more. And I thought the UK has it, with strong relationships with the other Europe countries and also the United States. 

それから自分のアートの勉強についても、私はイギリスで勉強することの方が良いと感じた。私は西洋の文化と芸術に、若い頃からずっと強く陶酔していた。でも、私の知識は十分じゃなったし、自分自身でそれについて勉強しても、全然満足できなかった。だから、私は西洋の文化のルーツや歴史についてもっと知りたかった。そしてイギリスはそれを、他のヨーロッパの国々やアメリカとの強いつながりとともに持っていると思った。

So what I was trying to explain is that the United Kingdom is the best place to study English, European history and art & design. But I believe, the United States is also a great place to experience many things and a different culture. I still want to visit or live there in the future. However personally, as to start English study, I prefer studying in the UK.

私が言いたかったことをまとめると、イギリスは英語やヨーロッパの歴史・芸術やデザインを勉強するには一番の場所だと思う。でも私はアメリカがいろいろなことや違った文化を経験したりするのに優れた場所だとも信じている。私はまだ将来アメリカを訪れたり、住んだりしてみたいと思っている。でも個人的には、英語を勉強し始める場所としては、イギリスの方が良いと思う。