LGBT and me

  •  
  • 222
  • 1
  • 1
  • English 
Jul 7, 2018 22:26 lgbt l education japanese japan English translation diary Japan tokyo london blog
It's an LGBT parade day in London. Unfortunately, I can't go there this year, but as a part of them, I am going to talk about myself and LGBT.

今日はロンドンではLGBTのパレードがある日だ。残念ながら今年は行けないが、彼らの一員として、私は自分とLGBTについて書こうと思う。

I had been tried to figure out what my sexuality is, for over 20 years. and now I think I am Pansexual. I want to like people regardless of gender. For me, male and female are almost the same. Therefore both gender can be my best friend and partner.

20年以上ずっと自分のセクシャリティはなんなのか考えてきたけど、今自分はパンセクシャルであると思う。私は性別に関係なく人を好きになる。私にとって、男も女も同じようなものだ。だからどっちの性別も私の大親友になり、そしてパートナーになり得る。


To be honest, I didn't have confidence as a woman. I tried to escape from fear. the reason why I felt it was because I was buried by girls when I was a teenager. They said: -'She's disgusting, gloss, and ugly. She's not a woman anymore.' Probably they thought I was different from other girls. I presume I was different because I as I said, I don't have a definition between men and women. Since then I was very scared to recognise myself as a woman. Probably, it was like trauma. I didn't want to become a part of them. 

はっきり言って、私は女性としての自信がなかった。私はその恐怖から逃げようとしていた。私がそのように感じた理由は、10代の頃、女子にいじめられたからだと思う、彼女たちは私に「あいつ、キモいし、ブス。女じゃないよね。」と言った。多分彼女たちは私が他の女の子と違っていると思ったのだと思う。確かに私は違ったと思う。さっきも言ったように、私には女性と男性の定義がなかったから。その時から私は自分を女性として意識するのがとても怖かった。多分、それはトラウマのようなものだったと思う。私は彼女たちの一部になるのが怖かった。

However, Since I was a university student, I could open my mind to other girls because some girls' classmates in uni were similar to me. But even so, I wasn't sure how to distinguish people by gender. Therefore I had very close guy friends in uni as well and never felt anything on them. I was just really happy that I had really good friends. Also, I was afraid of being feminine still. I thought if I became a woman, I'll be a disgusting, and worthless person because I was still believing that I am an ugly and creepy girl as my classmates said.

でも、大学生の頃から、私は自分の心を他の女性に開けるようになった。大学の女子の同級生は、自分に似ている人もいたからだ。でもそれでも、私は性別で人を区別する方法が分からなかった。だからとても近い男友達もいて、何かを感じたこともなかった。ただいい友達が持てたことが嬉しかった。それから、私はその時も、女らしくするのが怖かった。私はもし自分が女になったら、自分は気持ち悪くて、価値のない人になると感じていた。なぜなら私はそのころ、過去のクラスメイトが言ったように、自分は醜くて気持ち悪い女だと信じていたから。

However, since I came to the UK, I changed. I saw people confidently show their own sexuality, and even people who are just normal are not belonging to femininity or masculinity consciously and particularly.  They are just living as they want. Also, people don't criticise someone's appearance directly. That made me free and gave me confidence to show my truth to everyone. I think eventually, I could accept myself.

でも、イギリスにきてから、私は変わった。私は人々が自分のセクシュアリティを自信を持って表現しているのを見たし、普通の人たちだって、彼らは意識的に女性らしさや男性らしさに帰属していない。彼らは自分たちの生きたいように生きているだけだった。しかも、人々は誰かの見た目を直接批判したりもしない。それは私を自由にして、自分の本当の姿を見せる自信をくれた。私は最終的に、自分を受け入れられたんだと思う。

I sometimes think some transgender people are more feminine/masculine than who have not doubted about their gender. They know what they actually want to be. Therefore I think they are beautiful.

私は時々、トランスジェンダーの人々は、自分の性別を疑ったことのない人たちに比べてもっと女性らしい・男性らしいと思う。その人たちは自分がどうなりたいのかを知っている。だからその人たちは美しいと感じるんだと思う。

I don't hesitate myself and I don't hate myself anymore. I'd like to be a woman by my own style, and at the same time, I'd love to figure out a masculine side in my personality. Also, I don't hesitate to love someone whether they are men or women. I'll follow my heart and passion. Whatever I like to do is everything for me, and whoever I love is my love. 

Happy LGBT celebration day!! xxx



私は自分自身にためらったり、嫌ったりもうしない。私は自分のスタイルで女性として生きたいし、同時に、私の人格の中に男らしさも見出したい。

それから、私は男でも女でも、誰かを愛することにもためらわない。私は自分の心と情熱に従って、自分のしたいことは自分にとって全てで、誰を好きになってもそれは私の愛の形だ。