いる人が、YouTubeで面白いビデオをあげました。

  •  
  • 217
  • 2
  • 1
  • Korean 
Mar 24, 2018 15:33
いる人が、YouTubeで面白いビデオをあげました。このビデオは、コメディーでした。でも、一部の人々はそのビデオが面白いではないと、"攻撃"観たいと思いました。だから、今はそのビデオを作った人が、刑務所に行くなければならなくなりました。これは本当に悪いです。僕は、一部の人々がある言葉が悪いと思うけど、私たちみにはその言葉を言う権利がありなきゃいけないと思います。

でも、最近に、その権利がどんどんなくなっているみたいです。カナダにも、いる人に he/she間違えて使うなら、お金を払うのなど、刑務所に行くなければならなくなる可能性があります。実は、こういうことは怖いです。私たちはそういう風に思って別の人の言う権利を取り除くと、どんどん”悪い言葉”の定義が広いなると思います。そして、今私たちが大丈夫と思う言葉が、所来には全然いけない言葉になります。私たちの権利がどんどんなくなっていることは、とても残念し、悪いです。
Some person posted a video to YouTube. The video was a comedy video. However, some people didn't think it was funny; they thought it was "offensive". As a result, the person that made that video now has to go to jail. This is really awful. I think that, even if some people think certain words are bad, we need to have the right to say those words.

However, these days that right is gradually fading away. Even in Canada, there's now a chance you can go to jail or be forced to pay a fine if you call someone by the incorrect pronoun (he/she). In reality, stuff like this is scary. If we think that way and take away people's rights, what is defined as "offensive speech" will gradually broaden, and words that we don't think are bad now will be considered extremely bad in the future. It's such a shame and a fright that our rights are fading away.