前の授業は教科書の中で問題があって、私はわざと間違いました。

  •  
  • 225
  • 18
  • 9
  • Japanese 
Jul 11, 2019 19:46
前の授業は教科書の中で問題があって、私はわざと間違いました。なぜなら、選択し二つあって、間違い答えがなぜか間違いと知りたかったです。

こんな風な問題を解くときは、「これは正しい、これは間違い」とはなぜ正しい、なぜ間違い先生はあまり説明していません。

これがその問題でした。


油絵を習い始めたが、好きならば上手になる(a.わけだ b.というものではない)とわかった。やっぱり才能がないと、限界を感じる。


私の番に「わけだ」を読んで、沈黙な感じでした。頭の中に一つ慣用句を考えて「好きな子は上手慣れ」、でも正しいを言えるのは思い出せませんでした。探したと「好きこそものの上手なれ」と言うですね。では、この慣用句は信じてたら、「というものではない」は間違いのはずで、「わけだ」は正しい答えのはずでしょうか。

では、誰かなぜか違うと教えてくれませんか。文法的?社会的?文脈的?それともほかの理由?
In my last Japanese class there was a question, and I answered it incorrectly on purpose. I did it because there was two options and I wanted to know why the wrong option was wrong.

With these kind of questions the teachers usually say "this is right, this is wrong" and don't usually explain why.

Here is the question.

....

When it was my turn I read "" and there was silence. In my head I was thinking of the expression "", but I couldn't remember the correct way of saying it. I looked it up and it is "". Well, if this expression is to be believed, then "" should be wrong, and "" should be the right answer.

Well, can somebody tell me why it's wrong? is it grammatical? societal? contextual? Or some other reason?
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app