今日は国語について動画のユーチュブがあるシリーズを観て始めました。

  •  
  • 62
  • 1
  • 4
  • Japanese 
May 21, 2019 06:23
今日は国語について動画のユーチュブがあるシリーズを観て始めました。

日本語の文はどうやって切り刻むのこともすこし理解できましたと思います。段落は文の始めのところに、空間があります。文節はだいたい単語と助詞で、単語は単語と「て」です。例えば、食べては二つの単語で、「食べ」と「て」です。驚きましたね。なぜか、まだ完全に分かりませんが、勉強になりました。

この人も歴史を教える動画を持っています。最初に、歴史の動画を観ているのが、国語の方が役に立つと決めて変換しました。少し歴史を覚えたと思います。最初の人間は「猿人」次は「原人」です。複雑な思いで残っています。磨製何か、磨製石器、打製石器 …

まあ、いつか再見します。
Today I' started watching a series on youtube about Japanese(kokugo).

I think I understand more about how to split up Japanese sentences. For a paragraph there is a space at the start of a sentence. A phrase is usually a word and a particle, while a word is a word and "te". For example, eat is two words,"tabe" and "te". How surprising. Why this is, I still don't completely understand, but I learned something.

This person also has videos teaching History. At first I was watching the History videos, but I decided that kokugo would be more useful and switched. I learned a little history from what I watched. The first human was an "ape man", the next was a "primitive man". I have some jumbled memories about it. Something masei, ground stone tool, chipped stone tool.

Oh well, I'll watch it again sometime.