Kepiting Kenari ヤシガニ

  •  
  • 275
  • 14
  • 3
  • Indonesian 
May 6, 2018 20:03
Sebelum berkunjung ke Kalimantan, sepertinya Bosku senang.
カリマンタンに行く時、ウチのローカルのボスは嬉しそうだった。
Kali ini aku mengajak bosku karena untuk meyambung kuat dengan sekolah yang pertama kali dikunjungi.
初めて訪問する学校だったし、今後の学校とのつきあいも考えて、ローカルのボスも誘っていた。
Bosku, muslim yang sangat dewasa, dan aku belum pernah melihat dia memarahi.
ボスは怒ったことを見たことがない大人のムスリム。
Orang ramah.
温厚で優しい人だ。
Jadi mungkin kantorku perlu orang Jepang yang galak, seperti aku, Haha.
だからこの会社には仕事を進める為にヤイヤイうるさい僕のような日本人が必要なんだと思う。(笑)
Kenapa bosku senang, karena katanya di Kalimantan, bisa makan kepiting kenari.
ボスは何がそんなに嬉しいかというと、カリマンタンではヤシガニが食べれるそうだ。
Saat pergi, Aku dan bos berdua, pergi restoran untuk makan kenari, karena member yang lain, pesawatnya beda.
行きは僕とボスだけみんなとは別の便で学校に向かった為、二人でヤシガニを食べに行くこととなった。
Sekular bandara Balikpapan, kami segera masuk ke nama restoran "kepiting kenari"
バリックパパン空港を出るとすぐヤシガニという名前のレストランに入った。
Bosnya bertanya "kenari yang mana" sambil perlihatkan menu.
ボスは店員に「ヤシガニがどれだ」と、メニューを見せながら言った。
Pelayan menjawab "semua kenari pak"
店員は「全部ヤシガニです。」と返した。
Jaga-jaga bosku tanya lagi "bukan ku
epiting biasa, guntingnya besar, dan makanannya kelapa ya"
ボスは念の為「ヤシガニってのは普通のカニじゃなくて爪が大きくてヤシを食べてるやつだぞ」と店員に念押した。
Pelayan bilang saja "iya pak" dan pergi dari meja kami.
店員は「わかった」と言って去った。
Tapi, beberapa saat kemudian, datangnya ku
epiting biasa.
しかし、しばらく経って料理が来たのは普通のカニだった。
Bosku memarah dan memanggilkan pelayan yang tadi, lalu bilang "Kalau ku
epiting ini, aku bisa makan di Jakarta dong !" dll, pokoknya ia samgat memarahi pelayan.
ボスはとても怒ってさっきの店員を呼びつけて、「このカニだったらジャカルタで喰えるわー」とか言ってとにかく怒っていた。
Ternyata, tidak ada kepiting kenari pada restoran ini, cuma nama restoran saja.
結局レストランの名だけで、この店にはヤシガニは無かった。
Aku baru melihat bosku memarahi.
初めて怒っているボスを見た。
Kayaknya ia cita-cita makan kenari, hahahaha.
本当にヤシガニが食べたかったんですね(笑)
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app