日本の会社ではどのような化粧が一般的か、職業によって化粧のしかたもかわるか、ということに興味があったから、あるクレジット会社で働いてい...

  •  
  • 209
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Jan 9, 2016 11:59
日本の会社ではどのような化粧が一般的か、職業によって化粧のしかたもかわるか、ということに興味があったから、あるクレジット会社で働いている友達とインタビューしました。
まず、社員の化粧の仕方は会社によって違うということが分りました。化粧が会社に決められていると決められていないことがあります。いずれにしても、化粧をするとき女性の会社員が気をつけなければならないポイントがあるらしい:

• 化粧が薄くなければならない
アイシャドーの色:茶色やベイジュ
• 外見の全体的な印象:女性が爽やかでヘルシーな印象を与える
紫色や白っぽい口紅はダメ → ヘルシーではないからだ

その上、化粧と関係がありませんが、友達にお客様より金持ちに見えてはダメだといわれました。つまり、ジュエリーは小さくなければならないし、少なければならない。
しかし、化粧の標準は会社によって異なっています。例えば、本社は外国にある会社の化粧と衣服と標準が結構ゆるいそうです。普通より派手な化粧と短いスカートが許されています。
それは堅い職業の話です。堅い職業というのは景気に左右されることのない職種のことです。例えば:先生、公務員、医者、銀行員。

他の職場では、例えばアパレルショップや化粧店などで派手な化粧が許されています。付けまつげでもいいですし、最近流行ってる目の下チークでもいいです。皆さん、「目の下チーク」見たことがありますか? どう思いますか?