狂言

  •  
  • 178
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Mar 29, 2017 01:49
狂言

狂言:能と同様に猿楽から発展した日本の伝統的な笑劇である。

猿楽の狂言:明治時代の前に、狂言は猿楽の狂言と呼ばれた。明治時代の後で、「猿楽」は能と呼ばれて、「狂言」は「猿楽」なし、新しい名前をもらった。

大蔵流:大蔵流は狂言の流派の一つである。
                      
和泉流:和泉流は狂言の流派の二つである。

山本家:東京で大蔵流の主人。

茂山家:関西で大蔵流の主人。

野村万蔵家:和泉流の家族は絶えってしまった。後で、野村万蔵家はこの家族に採って、和泉流は再発足した。

間狂言:狂言は大きく以下の3種類に分類される。間狂言は能の一部として演じられるものをいう。

居語り:間狂言は「語り間」と「アシライ間」に分けられる。語り間の中で座って語る形式のものを「居語り」をいう。

脇狂言:五番立ての演能で脇能の次に演じる狂言。「末広がり」「福の神」「宝の槌」などめでたい曲が多い。江戸時代の歌舞伎興行で、三番叟さんばそうと次の狂言の間に演じた狂言の総称。祝言性の濃い儀礼的なものであった。

大名物: 人のいい大名を主人公とするの劇。

「鬼瓦」:大名物の例文。

小名物:太郎冠者などの召使いを主人公とするの劇。

太郎冠者:これは主人に使える家来である。

聟物:聟を主人公にしたの劇。

女物:恐妻家の夫や妻を欲しがっている男を主人公にした劇。

鬼物:鬼などが登場するの劇。

山伏物:山伏が活躍するの劇。

出家物:僧侶が主役するの劇。

座頭狂言:目の不自由な人が主人公になる劇。

集狂言:上記分の類真に収まらないもの。

舞狂言:能の形式―特に夢幻能の形式を借りた狂言のこと。亡霊であるシテの舞を中心とするところから「舞狂言」という。

名ノリ:狂言が始まる時に、「名ノリ」は最初の

「ズカズカ」:鋸で木を引く時になる声である。

「ドブドブ」:酒を杯に注ぐの動作。

肩衣:太郎冠者などの身分に低い者は短めの袴をはき、肩につけた肩衣には鬼瓦やトンポなどの虫が大きく描かれるなど意表を突いたデザインを施されているのが普通である。

葛桶:狂言の道具。葛桶は、腰を掛ける床几として用いるほか、酒樽、茶壺、砂糖壺などの入れ物にも用いる。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app